FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

2017今年の漢字は「北」 はてなブックマーク - 2017今年の漢字は「北」

dims
2017年の世相を表す「今年の漢字」は、「北」に決定した。「漢字の日」にあたる12月12日、京都・清水寺で発表された。
日本漢字能力検定協会の一般公募で最多だったことを受けて、森清範(もりせいはん)貫主(かんす)が特大サイズの和紙に大筆で一字をしたためた。
1位の「北」には7104票が集まった。北朝鮮のミサイル発射や核実験の強行、九州北部豪雨、北海道産のじゃがいもの不作、北海道日本ハムの大谷翔平選手や清宮幸太郎選手、競馬キタサンブラックなどが選ばれた理由として挙げられた。

「今年の漢字」トップ10にランクインした漢字は以下の通り。
1位「北」、2位「政」、3位「不」、4位「核」、5位「新」、6位「選」、7位「乱」、8位「変」、9位「倫」、10位「暴」

「今年の漢字」の選定は、1995年から毎年行われており、今年で23回目。
揮毫された漢字は、今年一年の出来事を振り返り、来年の幸せを願う目的で清水寺に奉納。12月13日から12月31日正午まで清水寺で一般公開される。
via http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/11/kotoshi-no-kanji-2017_a_23304349/

・これまでの今年の漢字
20171211-00000009-wordleaf-009b289985d494eb3e935a1f4285f453b
・ 公益財団法人 日本漢字能力検定協会: http://www.kanken.or.jp/project/edification/years_kanji/history.html

・今年の漢字は「北」に決定‥清水寺での発表にネットから様々な声
  https://matome.naver.jp/odai/2151305515675230301



関連記事
スポンサーサイト
[タグ] 2017 漢字
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスティアーノ・ロナウドが2年連続5度目のバロンドール獲得! メッシに並び歴代最多タイ はてなブックマーク - クリスティアーノ・ロナウドが2年連続5度目のバロンドール獲得! メッシに並び歴代最多タイ

7c5e5bad
 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は7日、2017年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2年連続で選出された。
 クリスティアーノ・ロナウドは今年度のFIFA最優秀選手賞も獲得しており、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらのライバルをおさえて二冠を達成。FIFAバロンドール時代も含め、通算5度目のバロンドール獲得となったクリスティアーノ・ロナウドは受賞回数でメッシに並び、歴代最多タイとなった。
 クリスティアーノ・ロナウドがエースとして君臨するレアル・マドリードは2016年末にFIFAクラブワールドカップを獲得すると、2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラを制覇。チャンピオンズリーグでは連覇を達成した。今シーズンに入ってからも夏に行われたスーペルコパとUEFAスーパーカップを制し、レアル・マドリードに2017年、多くのトロフィーをもたらしている。また、国の戦いにおいてもポルトガル代表の主将として2018年のロシア・ワールドカップ出場権を予選首位通過で獲得した。
 “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年から、FIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めたが、契約満了に伴い、昨年からルールを改正。候補者は30名(旧制度では23名)で、最終候補者の発表は廃止され、受賞者、最終順位は年末に発表。投票はジャーナリストのみによって行われ、授賞式は2018年はじめに実施される予定。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20171208/681097.html

DQdzbdrUMAEeTNM
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は8日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が2017年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2017の最終順位を併せて発表している。
▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーで5シーズンぶりのリーグ優勝や史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成。また、個人記録としても史上初のCL5年連続得点王を獲得した。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)、2017年に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年連続の受賞となり、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと最多5回で並んでいる。
▽また、その最多タイとなっているメッシは2位に選出された。メッシは、所属するバルセロナでコパ・デル・レイ3連覇を達成。また個人としてはリーガエスパニョーラで38得点を記録して得点王に。この数字で、C・ロナウドと並び最多4度目のヨーロッパ・ゴールデンシューにも輝いている。
▽3位に入ったのは、パリ・サンジェンルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール。ネイマールは、昨シーズンまでバルセロナに所属していたが、史上最高金額の2億2200万ユーロでPSGに移籍している。
▽そのほかでは、先月イタリア代表からの引退を発表したユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが、ゴールキーパーとして最上位の4位に入った。2016-17シーズンはCLで史上初の6試合連続無失点を達成。さらに、国内ではセリエAとコパ・イタリアのシーズン2冠を達成している。また、チームのリーグ・アン優勝に大きく貢献しCL準決勝進出の原動力となるなど、躍進モナコの象徴となった現・PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが7位にランクインした。
▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、昨年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止されている。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。
 via http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=296583

■2017年度バロンドール最終順位
第01位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
第02位 リオネル・メッシ(バルセロナ)
第03位 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
第04位 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
第05位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
第06位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
第07位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
第08位 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
第09位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
第10位 ハリー・ケイン(トッテナム)
第11位 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
第12位 イスコ(レアル・マドリード)
第13位 ルイス・スアレス(バルセロナ)
第14位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
第15位 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
第16位 マルセロ(レアル・マドリード)
第17位 トニ・クロース(レアル・マドリード)
第18位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
第19位 エデン・アザール(チェルシー)
第20位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
第21位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
第21位 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
第23位 サディオ・マネ(リヴァプール)
第24位 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
第25位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
第26位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)
第27位 マッツ・フンメルス(バイエルン)
第28位 エディン・ジェコ(ローマ)
第29位 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
第29位 ドリース・メルテンス(ナポリ)



関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[2017 新語・流行語] 大賞は「忖度」&「インスタ映え」 はてなブックマーク - [2017 新語・流行語] 大賞は「忖度」&「インスタ映え」

WS001
 今年の世相を反映した言葉「2017ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日発表され、写真共有サービス「インスタグラム」の定着で広まった「インスタ映え」と、森友学園問題など国会審議で盛んに使用された「忖度(そんたく)」が年間大賞に選ばれた。
 「インスタ映え」は、女性ファッション誌の読者モデルでつくる「CanCam it girl」が、ナイトプールを流行させたなどとして受賞。メンバーの中村麻美さんは「時代に名を刻むムーブメントを起こしたことがうれしい」と笑顔を見せた。
 「忖度まんじゅう」を売り出したヘソプロダクション(大阪市)の代表取締役稲本ミノルさんも「まんじゅうで笑顔を届けられれば」と受賞の喜びを語った。
 トップテンはこのほか、引退した将棋棋士加藤一二三九段の愛称「ひふみん」▽お笑い芸人ブルゾンちえみさんの決めぜりふ「35億」▽睡眠不足が蓄積する危険性を指摘した「睡眠負債」など。
 政治絡みの言葉も目立ち、深刻さを増す北朝鮮情勢にちなんだ「Jアラート」や、女性問題や失言など不祥事が相次いだ「魔の2回生」も選出された。
 選考委員特別賞は若者の活躍から、陸上男子100メートルで10秒台の壁を破った東洋大の桐生祥秀選手のタイム「9.98」と、中学生棋士の藤井聡太四段が打ち立てた公式戦連勝記録「29連勝」が選ばれた。
 藤井四段は「来年は平成30年。30連勝を目指す!といいたいところですが、まずは一歩一歩確実に強くなっていくため、日々精進していく思いです」とのコメントを寄せた。[2017.12.01]
 via https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120101040&g=soc

・ノミネート30語
アウフヘーベン/インスタ映え/うつヌケ/うんこ漢字ドリル/炎上○○/AIスピーカー/9.98(10秒の壁)/共謀罪/
GINZA SIX/空前絶後の/けものフレンズ/35億/Jアラート/人生100年時代/睡眠負債/線状降水帯/忖度/ちーがーうーだーろー!/刀剣乱舞/働き方改革/ハンドスピナー/ひふみん/フェイクニュース/藤井フィーバー/プレミアムフライデー/ポスト真実/魔の2回生/
○○ファースト/ユーチューバー/ワンオペ育児

・ユーキャン新語・流行語大賞
 http://singo.jiyu.co.jp/

◇ 今年の単語、「共謀」表す形容詞に 英語辞書サイトが選出
英語辞書サイトのディクショナリー・ドットコムは28日までに、今年を代表する「2017年の単語」として、共謀や共犯、加担を意味する形容詞「complicit」を選んだと発表した。
同サイトはこの単語を「自身の選択で違法または疑わしい行為にかかわり」「不正行為の共犯者になっている、あるいは関与している」状態と定義している。
インターネット上では今年、complicitという単語を検索する人が3回にわたって急増した。
1回目は、3月に人気コメディー番組の「サタデー・ナイト・ライブ」で女優のスカーレット・ヨハンソンさんがトランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官に扮し、「Complicit」という架空の香水を宣伝した時。香水の売り文句は「全てを制止できる立場にありながら、しようとしない女性のために」だった。
2回目は4月、イバンカ氏が同番組などの批判に対し、「complicitの意味が分からない」と発言した時。
さらに10月、与党・共和党の立場でありながらトランプ氏を厳しく批判してきたジェフ・フレーク上院議員が引退を宣言した時も、この単語が盛んに検索された。同議員は、現在の政治状況やトランプ氏の大統領としての姿勢に言及し、「共犯者になる(complicit)つもりはない」と述べていた。
また同サイトによれば、米映画界などの有力者によるセクハラ行為が相次いで告発されている問題でも、周囲が問題を知りながら目をつぶっていたのではないかという議論にcomplicitという言葉が登場している。
同サイトが発表した「16年の単語」は、外国人への憎悪感情を意味する「xenophobia」だった。
 via https://www.cnn.co.jp/tech/35111039.html






関連記事
[タグ] 新語 流行語 2017 言葉
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本屋大賞2017は恩田陸さん:『蜜蜂と遠雷』2回目の受賞は初 はてなブックマーク - 本屋大賞2017は恩田陸さん:『蜜蜂と遠雷』2回目の受賞は初

WS002

61O3yV2bFWL._SX340_BO1,204,203,200_
全国の書店員たちが、いちばん売りたい本を投票で選ぶ、ことしの本屋大賞は、ピアノコンクールに挑む若者たちの姿を描いた恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」が受賞しました。恩田さんは、本屋大賞では初めてとなる2回目の受賞を果たしました。
本屋大賞は毎年、全国の書店員たちが、いちばん売りたい本を投票で選ぶ賞で、過去の受賞作は、いずれもベストセラーとなり、映画やテレビドラマになるなど、影響力の大きい賞として注目されています。
11日夜、東京・港区で受賞作が発表され、ことしは恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」が受賞しました。
「蜜蜂と遠雷」は、日本の地方都市で開かれる国際ピアノコンクールに、さまざまな経歴を持つ若者たちが挑戦する姿を描いた作品で、ことし1月には「文章で表現しづらい音楽や、才能という題材を上手に裁いて物語にした」として、直木賞を受賞しています。
作者の恩田さんは仙台市出身の52歳で、大学を卒業後、生命保険会社などに勤めながら執筆活動を始め、平成4年に「六番目の小夜子」でデビューしました。青春小説からミステリーまで、多彩なジャンルを手がける人気作家で、作品はテレビドラマや映画にもなっています。
恩田さんは平成17年にも「夜のピクニック」で本屋大賞を受賞していて、この賞では初めてとなる、2回目の受賞を果たしました。
また、11日は翻訳小説部門の大賞も発表され、オランダの作家、トーン・テレヘンさんの作品で、長山さきさんが翻訳した「ハリネズミの願い」が受賞しました。

■恩田さん「やってきたこと間違ってなかった」
2回目の受賞となった恩田陸さんは「初めて本屋大賞を受賞した時は、ほかの文学賞に落選し続けていたころだったので、半信半疑だったことを思い出しました。今回、私が2回も頂いていいんでしょうかという気持ちになりましたが、これまで一生懸命やってきたことが間違っていなかったとも思いました」と受賞の喜びを語りました。
そして、「以前から音楽の小説を書きたいと思っていたが、いざ書いてみると演奏のシーンは難しかったです。でも、音楽と小説は相性がいいと思っていましたし、読者の頭の中で音楽を鳴らすことはできたのではないでしょうか」と創作の苦労や喜びを語っていました。・・・[2017.04.12]
via http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010945051000.html

https://mainichi.jp/articles/20170412/k00/00m/040/051000c
https://ddnavi.com/news/367528/a/
◇本屋大賞 :http://www.hontai.or.jp/
■その他のノミネート作品
・2位:『みかづき』(森絵都/集英社)
・3位:『罪の声』(塩田武士/講談社)
・4位:『ツバキ文具店』(小川糸/幻冬舎)
・5位:『桜風堂ものがたり』(村山早紀/PHP研究所)
・6位:『暗幕のゲルニカ』(原田マハ/新潮社)
・7位:『i』(西加奈子/ポプラ社)
・8位:『夜行』(森見登美彦/小学館)
・9位:『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)
・10位:『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和/サンマーク出版)

・これまでの本屋大賞 | 本屋大賞:http://www.hontai.or.jp/history/
・【本屋大賞】歴代1位 2017(第14回)-2004(第1回)
 https://matome.naver.jp/odai/2133450167467930401
・第14回(2017)『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)
・第13回(2016)『羊と鋼の森』(宮下奈都/文藝春秋)
・第12回(2015) 『鹿の王』(上橋菜穂子/角川書店)
・第11回(2014) 『村上海賊の娘』(和田竜/新潮社)
・第10回(2013) 『海賊とよばれた男』(百田尚樹/講談社)
・第9回(2012) 『舟を編む』 (三浦しをん/光文社)
・第8回(2011) 『謎解きはディナーのあとで』(東川篤哉/小学館)
・第7回(2010) 『天地明察 』(冲方丁/角川書店)
・第6回(2009) 『告白』(湊かなえ/双葉社)
・第5回(2008) 『ゴールデンスランバー』 (伊坂幸太郎/新潮社)
・第4回(2007) 『一瞬の風になれ』 佐藤多佳子/講談社)
・第3回(2006)
 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (リリー・フランキー/扶桑社)
・第2回(2005)『夜のピクニック』 (恩田陸/新潮社)
・第1回(2004)『博士の愛した数式』(小川洋子/新潮社)

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 図書 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |