FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

ACL 2017:浦和が10年ぶりのアジア制覇!! はてなブックマーク - ACL 2017:浦和が10年ぶりのアジア制覇!!

・再び埼スタでドラマを! AFC公式も注目する10年ぶりの浦和レッズのACLファイナル
 https://www.theworldmagazine.jp/20171122/03domestic/188073

・2007年の優勝


◆2017 ACL 決勝2nd:浦和×アル・ヒラル

32979_ext_01_25

2b734dda

WS001
・浦和レッズ:ラファエル・シルバ88’

32987_ext_04_0 32979_ext_01_22

32979_ext_01_24 GettyImages-878913576-768x512
 AFCアジアチャンピオンズリーグは11月25日、浦和レッズ対アル・ヒラルの決勝第2戦が19時15分にキックオフされている。
 敵地での第1戦を1-1で引き分けた浦和は、この第2戦で勝利はもちろん、0-0の引き分けでもアウェーゴール数で勝り、10年ぶりのACL優勝が決まる。
 浦和は、第1戦と同様の先発布陣で、GKは西川周作、DFは右から遠藤航、阿部勇樹、槙野智章、宇賀神友弥。中盤は1ボランチに青木拓矢、2列目は右から武藤雄樹、柏木陽介、長澤和輝、ラファエル・シルバ。1トップには興梠慎三が起用されている。
 試合は開始1分に、長澤が相手の虚を突き、左足のシュートを放つが、惜しくも枠を外れる。浦和は前線から積極的な守備を仕掛けながらも、流れを見ながら自陣に守備ブロックを構築する落ち着いた試合運びを見せる。
 7分には再び敵陣でボールを奪った長澤が左足で強烈なシュートを放つが、相手GKの正面を突いた。
 アグレッシブな姿勢を見せる浦和だが、対するアル・ヒラルもゴール前の堅守と個々の高い技術で、容易には浦和にペースを渡さない。25分にはアルダウサリがペナルティエリア手前からミドルシュートを放つがわずかにクロスバーの上を越えた。
 37分、浦和は宇賀神からグラウンダーの鋭いアーリークロスが送られるが、興梠はうまく合わせられない。逆に41分、浦和は中盤でのミスからアル・ヒラルのカウンターを受け、ゴール前に攻め込まれると、ミレシにフリーでシュートを放たれるが、これは枠を外れた。
 前半は互いに相手の堅守を崩せず、0-0で終了した。
 後半、浦和はメンバー交代なくスタート。46分、浦和は柏木を中心としたパス回しから最後はR・シルバがシュートを放つが枠を捉え切れない。
 開始早々の浦和の攻勢を凌いだアル・ヒラルは、次第にボールを支配し、浦和陣内に押し寄せる。再三ピンチを迎える浦和だが、守備陣が身体を張った守備を見せ凌いでいく。
 60分過ぎ、浦和はカウンターから柏木が抜け出し、敵陣を単独突破するが、シュートを撃ち切れない。
 68分、アル・ヒラルはアルファラジに代えて、切り札のアルカフタニを投入して勝負に打って出る。浦和はその直後、R・シルバのキープから回り込んだ宇賀神のクロスに、武藤が頭で合わせるがGKにキャッチされる。今日一番の形が生まれた浦和だが、チャンスを活かしきれない。
 さらにアル・ヒラルのゴール前に押し込んだ浦和は73分、柏木のFKから興梠が決定的なヘディングシュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれる。直後の槙野のシュートも止められてしまった。
 74分、浦和は宇賀神に代えてマウリシオを投入。マウリシオがCBに入り、槙野が左SBに入った。
 そして78分、遠藤が激しいタックルで倒されると、ファウルを犯したアルドウサリにこの日2枚目のイエローカードが提示され、退場処分となる。浦和が数的優位に立つ。84分、浦和は興梠に代えてズラタンを投入する。
 迎えた88分、浦和は後方からのボールの競り合いからセカンドボールを拾ったR・シルバが抜け出し、GKとの1対1を制して豪快にゴールに蹴り込んだ。浦和がついに均衡を破り、先制点を挙げる。
 そして後半アディショナルタイムの4分をしっかり守り切った浦和が、1-0でリードしたまま試合終了。浦和が2戦合計2-1として、10年ぶり2度目のアジア制覇を達成した。
 浦和は、12月6日にUAEで開幕するクラブ・ワールドカップに出場する。
via http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=32984

DPeJaW5V4As5eNe




・88’ラファエル・シルバの決勝ゴール







・ハイライト


afc.com
ESPN
whoscored.com

・柏木陽介がACL大会MVPを受賞…優勝の浦和レッズはフェアプレー賞も獲得
32979_ext_01_26
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦が25日に埼玉スタジアム2002で行われ、浦和レッズはアル・ヒラルに1-0で勝利を収め、2試合合計スコア2-1で10年ぶりにアジア王者となった。試合後に大会MVPが発表され、浦和のMF柏木陽介が受賞した。
柏木は今季ACLに9試合出場。準決勝・上海上港戦の第1戦では1ゴールを記録している。決勝第2戦も先発出場を果たし、後半アディショナルタイムに交代で退くまで、攻守の両面で活躍を見せていた。また、浦和はフェアプレー賞も獲得した。
via goal.com

・阿部勇樹、10年ぶりACLのトロフィー掲げ「真っ赤なサポーターの笑顔が一番響く」
 https://www.footballchannel.jp/2017/11/26/post243053/

・世界を驚かせた浦和の戴冠劇!「大サポーターの前で成し遂げた成功」「あのディアスを出し抜いた」
 埼玉スタジアムを覆いつくした熱狂が、世界中で高く評価されている。
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2レグでアル・ヒラルを1-0で下し(2戦合計2-1)、10年ぶりのアジア制覇を果たした浦和レッズ。その戴冠劇をフットボールの母国イングランドをはじめとする各国メディアが軒並み伝えている。いずれも浦和の戦いぶりを称賛するものばかりだ。
 英紙『Daily mail』は、88分のラファエル・シルバの値千金の決勝弾で勝利したことを報じたうえで、「日本のチームとしては2008年にガンバ大阪が優勝して以来、9年ぶりのアジア制覇だ。そして日本勢として唯一、2度目のACLタイトルを浦和は手にした」と、悲願を達成した真紅の軍団を称えた。
 そして、米国メディア『ESPN』は、「サウジアラビアの巨人にとっては悲しい日となった」とアル・ヒラルの敗戦を紹介。その後に、「2007年以来となる浦和の成功は、約55万8000人(実際は5万7277人)の大サポーターの前で成し遂げられた」と書き添え、こう論じている。
「アル・ヒラルは埼玉の夜の寒さに影響されて、細部で精彩を欠いた。後半は浦和陣営でプレーしたが、(GKの)西川周作を悩ますことはほとんどなかった。そうして10人になったアル・ヒラルが焦燥に駆られるなか、浦和はラファエル・シルバが決定打を放ち、歴史的な勝利をもぎ取った」
 アルゼンチン・メディアも速報でACL決勝を取り上げた。浦和は12月6日からUAEで幕が開けるクラブワールドカップへの出場権をゲット。南米王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝で残る最後の切符を争っているのが、アルゼンチンのラヌースと、ブラジルのグレミオだ。
 同国のスポーツ専門チャンネル『Tyc Sports』は、リーベル・プレートのレジェンドであるラモン・ディアスが敗軍の将となったと報じたうえで、「ブラジル人FWのラファエル・シルバが日本の浦和に10年ぶりのタイトルをもたらし、ディアスを出し抜いた。アジア一の称号とクラブワールドカップの出場権をもぎ取ったのだ」と、まとめている。
 見事アジア王者へと返り咲いた浦和。その名を世界にいま一度轟かせるチャンスが、もうすぐ訪れる。浦和は12月9日、アル・ジャジーラ(UAE)vsオークランド・シティ(ニュージーランド)の勝者と準々決勝を戦う。
via http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=33008

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |