FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

Googleを傘下に収める巨大企業Alphabetが誕生 はてなブックマーク - Googleを傘下に収める巨大企業Alphabetが誕生

WS001

なんとGoogleが各種サービスを切り離したうえで、Googleを含むすべての部門を傘下に収める持株会社「Alphabet」を設立して組織再編をすると発表しました。
Googleは、創業から16年がたちGoogleマップ、Gmail、YouTube、Androidなどだけでなく、Googleグラスや自動運転カーを開発するGoogle Xや遺伝子解析サービス23andMeなど、広がり続けるサービスと部門の組織を再編するために、新たに持株会社「Alphabet」を設立し、その傘下にGoogleなどがぶら下がる組織形態に変更されることになりました。
なお、AlphabetのCEOにはGoogleの共同創業者であるラリー・ペイジ氏が、社長にはおなじくGoogle共同創業者のセルゲイ・ブリン氏が、会長にはエリック・シュミット氏が就任します。
ペイジCEOは「Googleは従前の企業と異なり、スタート当初から一見、奇妙に思える分野に投資してきた結果、今ではGoogleマップ、YouTube、Chrome、Androidなどのサービスで数十億人のユーザーを得るようになりました。私たちは、その場にとどまることはありません。まだ誰も成し遂げていないことを、私たちがやり遂げようとしていることに興奮しています。革新的なアイデアが、次の大きな成長を生み出すテクノロジー業界において、その状態にとどまることには居心地の悪さを感じるべきです。私たちは、企業の責任をより明確にし透明性を高めるために、Alphabetという企業を作ることにしました」と述べ、Googleの各種サービスを分社化することを明らかにしています。
なお、Alphabetという社名についてペイジCEOは、あらゆる言語・文字を表す集合体である「Alphabet(アルファベット)」は、あらゆる情報を整理するGoogle検索のコアに合致することが理由であると述べており、シュミット会長もネーミングについて満足しているようです。
Googleの各種サービスを分社化して持株会社Alphabetにぶら下げるという大改革に伴って、Google本体も子会社となるわけですが、依然として検索、広告、Googleマップ、YouTube、AndroidなどはGoogle内にとどめられ、今よりもこれら主力事業に専念できる体勢がとられる模様です。なお、GoogleのCEOには現在のGoogleプロダクト担当上席副社長のスンダー・ピチャイ氏が就任する予定です
また、Google本体のスリム化という側面もある今回の事業再編で、遺伝子解析サービス23andMeやスマートコンタクトレンズを開発するCalicoなどの生命科学部門、先進的技術を開発するGoogle X、投資部門のGoogle VenturesやGoogle Capital、ドローン配送プロジェクトWingなどがGoogle本体から分離、独立することになります。
巨大化しすぎた組織を切り離すことで、さらなる成長を遂げるという壮大な目標の達成に挑むGoogleあらためAlphabetグループに対して、株式市場はおおむね高評価を与えており、Google再編の発表を受けて、時間外取引での株価は高騰しています。
via http://gigazine.net/news/20150811-google-alphabet/

・米グーグルが組織再編、新会社「アルファベット」設立
 http://jp.reuters.com/article/2015/08/10/googleinc-restructuring-idJPKCN0QF28920150810

Alphabethttps://abc.xyz/

◇Google がロゴを大幅刷新。4色マイクやGアイコンも新設、マルチプラットフォームを反映

Google が社名ロゴを刷新しました。1998年のサービス開始以来、はじめて書体がサンセリフ(ゴシック)になり、象徴的な4色カラーはやや穏やかになりました。
またGoogle検索アプリなどでお馴染みの一文字アイコンは青い小文字の「g」から、4色の大文字「G」に変更。さらにモバイルなどで使われる機会が増えたマイクアイコンも、Googleサービスであることが分かる4色のカラフルなマイクになっています。
Google が社名ロゴを刷新しました。1998年のサービス開始以来、はじめて書体がサンセリフ(ゴシック)になり、象徴的な4色カラーはやや穏やかになりました。
またGoogle検索アプリなどでお馴染みの一文字アイコンは青い小文字の「g」から、4色の大文字「G」に変更。さらにモバイルなどで使われる機会が増えたマイクアイコンも、Googleサービスであることが分かる4色のカラフルなマイクになっています。
Google によれば、ロゴの刷新は Google サービスがデスクトップ検索だけでなくモバイルをはじめさまざまなサービス、プラットフォーム、デバイスで使われるようになったことに対応するため。
従来のGoogleロゴは手書きのように線の太さが違い「ヒゲ」のあるセリフ体で描かれてきましたが、新 Googleロゴはよりシンプルなサンセリフ体。線の太さもほぼ均一で飾りがなく、解像度の低いデバイスでも分かりやすく表示できます。
Googleロゴはここ数年も微妙な変更を繰り返してきましたが、書体が大きく変わるのは今回が初めてです。(一番親しみがあるのはおそらく1999年から2010年まで使われた細い書体のGoogleロゴ。その後は影が目立たないマイナーチェンジが2013年。2015年9月1日からは今回の最新ロゴ)
さらに、これまで一文字アイコンやFavicon、モバイルアプリの検索ボタンなどで使われていた青い「g」のかわりに、4色で描かれた大文字の「G」が追加されました。音声入力で使うマイクや、通信中を示すアニメーションなどにも新たにこのカラフルな4色が使われるようになっています。
Googleは今後、ウェブページやアプリ、各デバイスなどのロゴを順次この新ロゴに変更してゆく予定です。



 via http://japanese.engadget.com/2015/09/01/google-4-g/


関連記事
スポンサーサイト



[タグ] 経済 Google Alphabet
ブログパーツ アクセスランキング

| 経済 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |