FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

≫ EDIT

NY公立図書館が約30万冊の電子書籍を無料で読めるアプリを導入、市民に開放 はてなブックマーク - NY公立図書館が約30万冊の電子書籍を無料で読めるアプリを導入、市民に開放

9752960976_07b925cd6d_b[1] NYPLReadingRoom_JA-JP2045921471[1]
■無制限でダウンロードできる
そのアプリとはSimplyE。これは図書館の電子書籍から好きな本を探し、無料で借り、読めるというもの。
しかもとても使いやすいとされ、借りられる本も約30万冊以上。図書館員によって厳選され、著作権保護期間の終了した本が無制限でダウンロードできるという。
無論この背景には、電子書籍を利用する人の増加があるようだ。

■高まる需要を満たすために導入
実際にニューヨーク公立図書館で貸し出される電子書籍や資料などは、ますます人気が高まっているという。
過去五年間でも電子著作物や資料の貸出しは241%も増加。
2015年の会計年度だけで290万冊が借りられてきたそうだ。
今回導入されたSimplyEは、そんな利用者の高まる需要を満たすために、十分役立つとされている。

■子供に無料で提供する戦略を後押し
またニューヨーク公立図書館はこのSimplyEを開発した技術を使い、オバマ大統領が提案したConnectED戦略を後押しする、Open eBooksのアプリ開発に力を注ごうとしている。
それは必要としている子供たちに、最も人気があり売上も伸びている数千の電子書籍を、無料で提供しようとする試みだという。

■iOSやアンドロイドで利用可能
SimplyEはもともとオープンソースのソフトウェアを使って開発され、全米にある公共図書館が持つ電子書籍リーダー(閲覧するためのハードウェア)のアプリを発展させるため、暗号を使える能力が与えられているとか。
そしてニューヨーク公立図書館は現在、全米の図書システムの中で使えるよう、このアプリをカスタマイズしたバージョンを実現するために開発を継続。さらなる特徴や機能を加える予定としている。
現在、SimplyEはiOSやアンドロイドのデバイス、さらにKindle Fireなどでも利用が可能。日本でもこのような取り組みが行われることを期待したい。
via http://irorio.jp/daikohkai/20160811/342518/
http://www.nydailynews.com/new-york/new-york-public-library-releases-app-allowing-access-e-books-article-1.2707944


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 図書 | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |