FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界初の「フライングカー」が来月予約販売開始! 車から飛行機への変形わずか40秒 はてなブックマーク - 世界初の「フライングカー」が来月予約販売開始! 車から飛行機への変形わずか40秒

03-8

01-28
世界初の空飛ぶ自動車、いわゆる「フライングカー」が来月アメリカで予約販売される。
航空、自動車専門メーカーのテラフュージアは最初のモデルである『トランジション(Transition)』を来月から注文受け付けし、来年初頭にも客に送り届ける予定。
自動車では無く飛行機の形に似ている『トランジション』はハイブリッドで電気モーターを搭載した2人乗りの自動車兼飛行機。40秒で走行モードから飛行モードに切り替わり、最高速度は道路が113km、空では160kmであり、最大飛行距離は640kmとなっている。
ただ、『トランジション』は運転免許はもちろん操縦士の資格も必要となる。
テラフュージアだけでなく各社フライングカーを開発しており、今後10年でこのような自動車が格段に普及すると見られている。
またテラフュージアはプロペラが搭載し空中でホバリングも可能な、ドローンのようなフライングカー『TF-2』も開発中。
狭い国では活用が難しいが広大な土地がある国では、輸送手段や新たな移動手段になるとして活用出来るという。また今後の開発により走行距離も更に伸びることが期待出来る。
マサチューセッツ工科大学出身者が創業したテラフュージアは、昨年中国の自動車メーカーに買収された。この中国の会社は過去にボルボを買収したことでも知られる。
via http://gogotsu.com/archives/43405



・Terrafugia | The Future of Personal Transportation : http://terrafugia.com/
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性=地球から40光年先 はてなブックマーク - NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性=地球から40光年先

96958A9E93819595E0E09AE3858DE0E0E2E0E0E2E3E59793E3E2E2E2-DSXMZO1324250022022017EA1002-PB1-3
※恒星(左)と7つの惑星の想像図
 米航空宇宙局(NASA)は地球によく似た太陽系外惑星7つを39光年先の宇宙で発見した。大きさは地球とほぼ同じで、一部には海が存在する可能性がある。生命に不可欠な水が液体の状態で存在すれば、地球外生命への期待が高まりそうだ。ベルギーのリエージュ大学などとの共同研究で、論文は英科学誌ネイチャー(電子版)に23日掲載される。
 みずがめ座の方角に39光年離れた恒星「トラピスト1」の周りに、大きさが地球の0.76~1.13倍の惑星7つが見つかった。1つの恒星系で7つも見つかるのは珍しい。このうち6つは地球に似た質量で、岩石でできているとみられる。赤外線をとらえるNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測した。
 少なくとも3つの惑星は地表に水が液体のまま存在する可能性があるという。惑星は恒星からの距離が程よく「ハビタブル(生命が住むのに適した)ゾーン」にある。水が蒸発するほど暑すぎたり、凍るほど寒すぎたりすることはない。
 トラピスト1は太陽より暗くて冷たい恒星だが、惑星はいずれも地球と太陽の距離より数十分の1の近さで周回する。惑星はちょうどよい温度を保てるという。
 ネイチャー誌は論文の内容を報じたニュース記事で、発見された惑星を「地球の7つの妹」と名付けた。トラピスト1は若い星で、太陽が数十億年後に燃え尽きても10兆年は寿命が残されているため「生命の進化に十分な時間がある」と推測する。
 NASAは2015年7月、地球から1400光年離れたところに液体の水が存在する可能性がある惑星「ケプラー452b」を発見し「地球のいとこ」と呼んだ。これに比べると今回の惑星は近いが、39光年は光の速さで移動しても39年かかる。将来、惑星を探査したり人間が移住したりするには技術革新が要る。[2017.02.23]
■太陽系外惑星 
太陽系の外にある恒星の周りを回る惑星。1990年代以降、3000を超える系外惑星が特殊な観測技術によって確認されている。木星よりはるかに大きいガス惑星など様々なタイプがあるが、注目されているのは岩石や金属でできた地球型惑星だ。恒星のエネルギーの大きさと周回距離の関係から、温暖で液体の水が存在して生命を育むことができる惑星は、地球外生命が存在する有力な候補地とみられている。

via http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG22H1W_S7A220C1EA1000/

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010886861000.html
http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/22/trappist_n_14945460.html







ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[画像] 1850年から150年余りで世界の気温はどのくらい上がったのか・・・ひと目でわかるグラフ はてなブックマーク - [画像] 1850年から150年余りで世界の気温はどのくらい上がったのか・・・ひと目でわかるグラフ

4qdzRafhqeJwoZHunqEhvSdxdI-Sunevq-LE0N78HUQ[1]
ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[画像]日本のこれまでの都道府県別最大震度を表した図 はてなブックマーク - [画像]日本のこれまでの都道府県別最大震度を表した図

◆最大震度マップ
shindo_max[1]
via http://kojishin.iinaa.net/shindo_max.html

◆都道府県別の最大震度一覧
01
02
03
04
 via http://kojishin.iinaa.net/shindo_max_kaisetsu.html
[タグ] 地震 日本 画像
ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2050年までに、”デジタルの不死”を獲得した超人類「ホモ・オプティマス」が登場する!? はてなブックマーク - 2050年までに、”デジタルの不死”を獲得した超人類「ホモ・オプティマス」が登場する!?

 現在40歳以下ならば、生きている間に”デジタルの不死”を手に入れられる可能性が十分にあるそうだ。
 デジタルの不死とは思考や経験をオンラインにアップロードして、未来に残すという概念のことだ。ある未来学者は、テクノロジーの進歩によって人類がコンピューターと一体化すれば、やがて”ホモ・オプティマス”という全く新しい種が登場すると予測する。そして彼によれば、それは2050年前には起きるという。
 こうした予測は、イギリスの若者向け科学技術の祭典”ザ・ビッグ・バン・フェア2016”に登場したイアン・ピアソン博士による講演の最中になされたものだ。
 ピアソン博士は今後35年以内に、人類はオンラインで”生きる”ようになると主張している。またテクノロジーによって人類の身体能力や認知能力を進化させようという思想、いわゆるトランスヒューマニズムも2050年までには常識になっているという。
 「最適化されたゲノムや外部のテクノロジーと接続され強化された身体によって、人類は誰もがより美しく、より知的で、より感情的に洗練され、より肉体的に優れ、より社会的につながりあい、総じてより健康で幸せとなるでしょう」
 ピアソン博士によれば、人間の脳とコンピューターの完全な接続が可能になれば、心を生身より優れたアンドロイドの身体に乗り換えさせることができるという。こうなれば、人間は複数の存在とアイデンティティを有し、あるいは生物学的な死を迎えた後も生き続けることが可能になる。

88d592a4[1]

バイオテクノロジーとナノテクノロジーの発達により、機能が大幅に強化されながらも小型化された脳が開発される可能性もある。この場合、それに合わせてまるで妖精のように体も小型化されるかもしない。これは例えば、大勢の人々を輸送しなければならない宇宙旅行などで、大きなメリットがあるとピアソン博士は説明する。
 テクノロジーが進歩し、人類が徐々にアンドロイド化するプロセスとは、ホモ・サピエンスが新人類ホモ・オプティマスに取って代わられるプロセスであるという。
 つまり今後の人類の進化はテクノロジーに応じて起きるということだ。人類はこれまで自然によって強いられていた変化から自由となり、自身が成し遂げるブレークスルーによって、思い通りの変化を遂げられるようになる。唯一の限界は想像力の限界だけだ。
 こうしたテクノロジーが2050年までに登場するとの予測は前述の通りだが、十分安くなり普及するのは2070年までかかるそうだ。また今世紀の終わりまでには、人間と機械のハイブリッド、アンドロイドの身体で生きる人間がいく種類かの人間が混在し、さらには”スマートクリーチャー”まで登場するという。
 スマートクリーチャーとは、アニメーションや漫画の中のキャラクターとしてはお馴染みの話す動物だ。ペットはおろか野生動物にもテクノロジーの進化が施され、実際に生きるファービーのような全く新しい種を作り出す可能性があるのだ。
 太古より、人類は死を超越しようと様々なアイデアを練り上げてきた。ここで取り上げたトランスヒューマニズムの他にも、例えば1962年には人体冷凍術が考案された。これは現在の医学では治すことのできない病を患った人を冷凍し、冷凍からの蘇生および病気の治療が可能となった未来に蘇生させようというアイデアだ。
 突飛にも聞こえる量子不死は、量子力学的なエヴェレットの多世界解釈に立脚したもので、1987年に提唱された。この解釈によれば、世界は量子レベルでの分岐に差し掛かると、確率に応じて複数の世界へと別れていく。すなわち、ほとんどの平行世界において人は死ぬが、ごく一部には死なない世界が存在すると解釈することができる。
 またキャサリン・フリーズが提唱する量子復活とは、無限に続く時間においてはあらゆることが起こりうるため、人もまた復活することがあるという理論だ。
 via http://karapaia.livedoor.biz/archives/52211079.html
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3423063/Is-technology-causing-evolve-new-SPECIES-Expert-believes-super-humans-called-Homo-optimus-talk-machines-digitally-immortal-2050.html
■ピアソン博士によれば、例えばこんなことが可能に
・皮膚を”電子の皮膚”に交換、あるいは皮膚細胞に極小のインプラントを埋め込むことによって、人とテクノロジーと直接的に接続
・電子制御の”サポートタイツ”はウェアラブルな厚さ1cmほどのポリマーゲル筋肉を利用し、足を強化
・化粧崩れは過去のものに。皮膚の膜に施されたスマートメイクアップで完璧な容姿を実現
・ナノテクノロジーが体内を常をモニターし、異常を修復。歯すら自動的に生え変わるかも
・リアルファービーの誕生。ペットや野生動物にも応用され、ペットとの会話などが可能になる可能性も

ブログパーツ アクセスランキング

| 科学 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT