FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新元号は「令和」 出典は「万葉集」 はてなブックマーク - 新元号は「令和」 出典は「万葉集」


平成に代わる新しい元号について、政府は1日の臨時閣議で「令和(れいわ)」とすることを決め、菅官房長官が発表しました。また、「令和」の典拠、いわゆる出典は日本最古の歌集である万葉集であると発表しました。元号は、皇太子さまが天皇に即位される来月1日に「令和」に改められます。
政府は1日午前、総理大臣官邸で、各界の代表や有識者からなる「元号に関する懇談会」を開き、新しい元号の複数の原案を示し意見を聞くなどしたうえで、臨時閣議で新しい元号を「令和」とすることを決定し、菅官房長官が午前11時半すぎからの記者会見で発表しました。
この中で、菅官房長官は「さきほど閣議で元号を改める政令、および、元号の呼び方が閣議決定された。新しい元号は令和であります」と述べ、書を掲げて、平成に代わる新しい元号を「令和」に決定したと発表しました。



そのうえで、「令和」の典拠、いわゆる出典について「『令和』は『万葉集』の梅花の歌、三十二首の序文にある『初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(きよ)風和らぎ(やわらぎ)、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす』から引用したものだ」と述べました。
菅官房長官は記者会見で、新しい元号の考案者について「考案者ご自身が秘匿を希望していることに加え 考案者を明らかにすれば新元号と特定の個人との結びつきが強調されることになりかねないため、お答えは差し控えたい」と述べました。
また、懇談会で出された意見や原案の数について質問されたのに対し、「意見聴取の場でどんなご意見があったかについてお答えすることは差し控えたいと思う」と述べました。
また、「新元号が日本人の生活の中に深く根ざしていくためには、他の案と比較して議論されることは適当でないと考えており、新元号として決定されたもの以外の案については、その数も含めてお答えは差し控えたい」と述べました。
そのうえで、「いずれにしても、今般決定された新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくよう努めていきたい」と述べました。
日本の元号は、研究者によりますと、「平成」までの247すべてが中国の古典を典拠としているとされていますが、日本の古典から引用されたのは初めてだということです。
新元号を定める政令は1日中に天皇陛下の御名・御璽(ぎょめい・ぎょじ)、いわゆる署名・押印を得て公布され、元号は、皇太子さまが即位される来月1日に「令和」に改められます。
外務省によりますと「令和」の英語のつづりは「R・E・I・W・A」だということです。[2019.04.01]
via https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190401/k10011868721000.html




・新元号「令和」、5月1日から=国書で初、万葉集由来-政府、6原案を提示
 政府は1日の臨時閣議で、新たな元号を「令和(れいわ)」と決定した。5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせ、同日午前0時に元号が平成から改まる。現存する日本最古の歌集である「万葉集」が由来で、歌人の大伴旅人(おおとものたびと)の漢文から引用した。確認できる限り、日本の元号の典拠が日本古典(国書)となるのは初めて。
 菅義偉官房長官が記者会見で、墨書された新元号を発表。安倍晋三首相も会見して談話を読み上げた。首相は「日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継ぎ、日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めた」と説明した。
 「万葉集」の「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす(しょしゅんのれいげつにして、きよくかぜやわらぎ、うめはきょうぜんのこをひらき、らんははいごのこうをかおらす)」を典拠とした。考案者は公表しない。政府は令和を含む六つの原案を提示したが、選に漏れた候補も明らかにしない。
 過去の元号に「令」の字が使われたことはなく、政府関係者によると「令和」が候補となったこともないとみられる。新元号は645年の「大化」以来248番目。これまで日本の元号の由来は確認できる限り全て中国古典(漢籍)だった。
 政府は3月14日、国文学、漢文学などを専門とする複数の学者に新元号の考案を正式に依頼。菅長官が六つの原案に絞り込み、有識者による「元号に関する懇談会」と衆参両院正副議長に相次ぎ提示し、意見を聴いた。全閣僚会議で協議し、臨時閣議で新元号を定める政令を決定した。政府関係者によると、令和への異論は出なかった。
 発表直前に天皇陛下と皇太子さまに伝えられた。政令は直ちに陛下が署名して官報に掲載、公布された。5月1日に施行される。
 改元は、憲政史上初めてとなる天皇退位に伴うもの。国民生活への影響を最小限に抑える観点から、改元1カ月前に発表した。1989年1月から始まった平成は、4月30日の陛下の退位とともに幕を閉じる。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040100783&g=pol


・【安倍首相談話全文】「令和」に込めた思いは… 「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」
新元号「令和」が発表された。安倍晋三総理大臣は、菅官房長官の発表に続き、記者会見で談話を発表した。談話の全文は以下の通り。 

<<本日元号を改める政令を閣議決定致しました。
新しい元号は令和であります。これは万葉集にある『初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す』との文言から引用したものであります。
そして、この令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められております。万葉集は1200年あまり前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。
悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定致しました。
文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和な日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様と切り開いていく。新元号の決定にあたり、その決意を新たにしております。
5月1日に皇太子殿下が御即位され、その日以降、この新しい元号が用いられることとなりますが、国民各位のご理解とご協力を賜りますようお願い致します。
政府としてもほぼ200年ぶりなる歴史的な皇位の継承がつつがなく行われ、国民こぞってことほぐことができるよう、その準備に万全を期してまいります。元号は皇室の長い伝統と、国家の安泰と、国民の幸福への深い願いとともに1400年近くにわたる我が国の歴史を紡いできました。日本人の心情に溶け込み、日本国民の精神的な一体感を支えるものとなっています。
この新しい元号も広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくことを心から願っています。>>
via https://www.huffingtonpost.jp/entry/reiwa-abe_jp_5ca17f54e4b0474c08d0b676


・漢字2文字に理想込め=元号、現在は日本のみ

 特定の年代に漢字の名前を付ける元号(年号)は中国・前漢の武帝の時代から始まった。「統治者が時間も支配する」という考えに基づくとされ、さまざまな理想が込められている。ベトナムや朝鮮にも広がったが、現在も使われているのは日本だけだ。発祥の地である中国では清の滅亡とともに廃止され、現在は西暦が用いられている。
 日本で最初の元号である「大化」は645年に定められた。しかし、続く「白雉」「朱鳥」とも実際にはほとんど使われなかったとみられている。
 4番目の「大宝」(701年)以降、公文書には全て元号を用いると定められたことで定着。「天平勝宝」のように漢字4文字が使われたり、南北朝時代に二つの元号が並立したりした時期もあるが、基本的には漢字2文字を使った元号が現在まで切れ目なく続いている。
 江戸時代までは天皇の即位だけでなく吉兆や災害などでも改元したため、一つの元号の平均期間は短く、十干十二支と併せて使われていたと考えられている。明治への改元とともに天皇1代で元号一つとする「一世一元の制」が定められ、天皇と元号の結び付きが強まった。
 戦後に皇室典範が改正され、元号は法的根拠のない単なる慣習となった。このため一時は廃止論も唱えられたが、1979年に元号法が成立。近年はグローバル化の進展もあり、日常生活では西暦使用が拡大しているが、公文書などでは今も原則として元号が使われている。
 元号に詳しい所功・京都産業大名誉教授(日本法制史)は「年の名前を漢字で表すことで、そこに理想や希望を込めることができる。西暦と元号は矛盾するものではなく、うまく使い分けることで日常生活の役に立つ」と話している。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040100154&g=soc

・新元号は「令和」。この選定に「万葉集」が使われたワケが話題に
 https://matome.naver.jp/odai/2155409002765725601

・新元号 6案すべて判明 「令和」考案は中西進氏か
新元号の選定作業で、政府が示した6つの原案すべてが明らかになり、新元号に決まった「令和」以外は、
▽「英弘(えいこう)」、
▽「久化(きゅうか)」、
▽「広至(こうし)」、
▽「万和(ばんな)」、
▽「万保(ばんぽう)」の5つの案でした。「令和」の考案者は、関係者の話などから万葉集が専門の国文学者、中西進氏とみられます。
新元号の選定にあたって政府は、考案を委嘱した専門家から提出された候補名を、読みやすく、書きやすいなどの「元号選定手続」に定められた留意点に沿って絞り込み、1日、「元号に関する懇談会」などに6つの原案として示しました。
「英弘」が日本の古典を、「広至」は「日本書紀」と儒教の基本的な考え方を示した中国の古典、「四書五経」の「詩経」の2つを、
典拠としているということです。
また「久化」「万和」「万保」は中国の古典が典拠に含まれているということです。
一方、政府は「令和」の考案者は明らかにしないとしていますが、関係者の話などから、万葉集が専門の国文学者で国際日本文化研究センター名誉教授の中西進氏とみられます。

■中西進さん 独自の視点で万葉集を長年研究
中西進さん(89)は長年にわたり万葉集の研究を続け、日本の古代文学の研究に大きく貢献してきました。
中西進さんは東京都の出身で、東京大学を卒業したあと、筑波大学や国際日本文化研究センターの教授を歴任し、大阪女子大学や京都市立芸術大学の学長を務めました。
長年にわたり万葉集の研究を続け、万葉集の和歌の作り方が当時の中国の影響でどのように変化したかを論じるなど、独自の視点で研究を行い、日本の古代文学の研究に大きく貢献してきました。
また研究のかたわら、子どもたちに万葉集を講義する「万葉みらい塾」を全国の都道府県で開くなど、古典の普及にも努めています。
こうした功績が評価され、平成25年には文化勲章を受章しています。
 via https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190402/k10011870221000.html
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018今年の漢字「災」=災害続発を反映-京都 はてなブックマーク - 2018今年の漢字「災」=災害続発を反映-京都


 漢字1文字で今年の世相を表す「今年の漢字」に「災」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で12日、森清範貫主が揮毫(きごう)した。西日本豪雨や北海道地震、台風21号をはじめ相次いだ大規模災害などを反映した。「災」が選ばれたのは2004年に続き2回目。
 今年の漢字は日本漢字能力検定協会が主催し、24回目。19万3214票の応募があり、「災」は最多の2万858票を獲得した。2位は平成最後の年となったことや、南北首脳会談など平和への期待が高まったことを表す「平」、3位には歌手の安室奈美恵さん、貴乃花親方といった著名人の引退など一つの時代の終わりを示す「終」が入った。
 記者会見した森貫主は「大雨が降り、米国では山火事が続いて大変なことになった。自然災害、人災のないような来年の年であることを切に祈念したい」と語った。
 揮毫された漢字は21日まで清水寺本堂で一般公開され、22日からは漢字ミュージアム(同市)に展示される。[2018.12.12]
 via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121200485&g=soc

◇「今年の漢字」一覧 :公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  https://www.kanken.or.jp/project/edification/years_kanji/history.html

・今年の漢字は「災」‥清水寺での発表にネットから様々な声
 https://matome.naver.jp/odai/2154458785086302401


ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流行語大賞は「そだねー」=カーリング女子活躍で-「災害級暑さ」などトップ10 はてなブックマーク - 流行語大賞は「そだねー」=カーリング女子活躍で-「災害級暑さ」などトップ10


 今年の世相を反映した言葉「2018ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が3日発表され、平昌冬季五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表のメンバーが試合中に使った「そだねー」が平成最後の年間大賞に選ばれた。
 表彰式には、主将としてチームを支えた本橋麻里さんが出席。「大賞に選んでもらい、とてもうれしく、また一つ後押しになる。今後も1試合でも多く、カーリングを見ていて楽しいと思ってもらえるように頑張ります」と笑顔で語った。
 トップテンにはこのほか、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した大迫勇也選手をたたえる「(大迫)半端ないって」▽今夏、日本列島を襲った記録的な猛暑を意味する「災害級の暑さ」▽8月に山口県周防大島町で行方不明の男児を発見した尾畠春夫さんを指す「スーパーボランティア」▽性暴力被害の根絶を呼び掛ける告発・連帯運動「#MeToo」-などが入った。尾畠さんは受賞を辞退したという。
 裁量労働制の審議や森友・加計学園問題などの答弁で政治家が行った、論点をすり替えるような答弁を指す「ご飯論法」もランクイン。最初に紹介し、受賞者となった法政大の上西充子教授は「国会での詭弁(きべん)やはぐらかしを容認すると、私たちの生活にはね返ってくる。問題に向き合う(必要がある)という思いを込めた」と語った。[2018.12.03]
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120300578&g=soc

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10011732841000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

・年間大賞は「そだねー」‥2018年新語・流行語大賞が超盛り上がってる!
 https://matome.naver.jp/odai/2154382717626412101

・その他のノミネート語
eスポーツ、(大迫)半端ないって、おっさんずラブ、ご飯論法、災害級の暑さ、スーパーボランティア、奈良判定、
ボーっと生きてんじゃねーよ!、#MeToo、あおり運転、悪質タックル、GAFA(ガーファ)、仮想通貨/ダークウェブ、金足農旋風、カメ止め、君たちはどう生きるか、筋肉は裏切らない、グレイヘア、計画運休、高プロ(高度プロフェッショナル制度)、
時短ハラスメント(ジタハラ)、首相案件、翔タイム、ダサかっこいい/U.S.A.、TikTok、なおみ節、ひょっこりはん、ブラックアウトもぐもぐタイム


◇「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞
 https://www.jiyu.co.jp/singo/


◇平成最後の“新語”大賞は「ばえる(映える)」 「モヤる」「わかりみ」も
 2018年を代表する言葉(日本語)で、今後の辞書に掲載されてもおかしくないものを発表する『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2018」』選考発表会が5日、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーで行われた。大賞には「写真や映像などが、ひときわ引き立って良く(おしゃれに)見える」ことを意味する「映える(ばえる)」が選出され、2位は「モヤる」、3位は「わかりみ」となった。
 「今年の新語」は一般公募などで寄せられた候補の中から辞書編纂(さん)のエキスパートたちが選定。選ばれるのは、あくまで「今年広まったと感じられる新語」で、必ずしも「今年生まれた言葉」とは限らない。辞書を編む専門家が選考委員となり、公平・公正な観点から「今年の新語2018」ベスト10を選定し、国語辞典としての言葉の解説(語釈)を付する。
 『2018 ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞に選ばれた「そだねー」や、流行語大賞トップ10入りした「半端ないって」は、、投稿数が多く、選考会でも話題となったものの、惜しくもランクインせず。その言葉を讃えて「選外」として紹介された。
 発表会には、脚本家の北川悦吏子氏、小野正弘氏、飯間浩明氏、西村まさゆき氏らが出席した。
■『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2018」』ベスト10
大賞:ばえる(映える)
2位:モヤる
3位:わかりみ
4位:尊い
5位:VTuber
6位:肉肉しい
7位:マイクロプラスチック
8位:寄せる
9位:スーパー台風
10位:ブラックアウト

via https://www.oricon.co.jp/news/2124843/full/


ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017今年の漢字は「北」 はてなブックマーク - 2017今年の漢字は「北」

dims
2017年の世相を表す「今年の漢字」は、「北」に決定した。「漢字の日」にあたる12月12日、京都・清水寺で発表された。
日本漢字能力検定協会の一般公募で最多だったことを受けて、森清範(もりせいはん)貫主(かんす)が特大サイズの和紙に大筆で一字をしたためた。
1位の「北」には7104票が集まった。北朝鮮のミサイル発射や核実験の強行、九州北部豪雨、北海道産のじゃがいもの不作、北海道日本ハムの大谷翔平選手や清宮幸太郎選手、競馬キタサンブラックなどが選ばれた理由として挙げられた。

「今年の漢字」トップ10にランクインした漢字は以下の通り。
1位「北」、2位「政」、3位「不」、4位「核」、5位「新」、6位「選」、7位「乱」、8位「変」、9位「倫」、10位「暴」

「今年の漢字」の選定は、1995年から毎年行われており、今年で23回目。
揮毫された漢字は、今年一年の出来事を振り返り、来年の幸せを願う目的で清水寺に奉納。12月13日から12月31日正午まで清水寺で一般公開される。
via http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/11/kotoshi-no-kanji-2017_a_23304349/

・これまでの今年の漢字
20171211-00000009-wordleaf-009b289985d494eb3e935a1f4285f453b
・ 公益財団法人 日本漢字能力検定協会: http://www.kanken.or.jp/project/edification/years_kanji/history.html

・今年の漢字は「北」に決定‥清水寺での発表にネットから様々な声
  https://matome.naver.jp/odai/2151305515675230301



[タグ] 2017 漢字
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[2017 新語・流行語] 大賞は「忖度」&「インスタ映え」 はてなブックマーク - [2017 新語・流行語] 大賞は「忖度」&「インスタ映え」

WS001
 今年の世相を反映した言葉「2017ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日発表され、写真共有サービス「インスタグラム」の定着で広まった「インスタ映え」と、森友学園問題など国会審議で盛んに使用された「忖度(そんたく)」が年間大賞に選ばれた。
 「インスタ映え」は、女性ファッション誌の読者モデルでつくる「CanCam it girl」が、ナイトプールを流行させたなどとして受賞。メンバーの中村麻美さんは「時代に名を刻むムーブメントを起こしたことがうれしい」と笑顔を見せた。
 「忖度まんじゅう」を売り出したヘソプロダクション(大阪市)の代表取締役稲本ミノルさんも「まんじゅうで笑顔を届けられれば」と受賞の喜びを語った。
 トップテンはこのほか、引退した将棋棋士加藤一二三九段の愛称「ひふみん」▽お笑い芸人ブルゾンちえみさんの決めぜりふ「35億」▽睡眠不足が蓄積する危険性を指摘した「睡眠負債」など。
 政治絡みの言葉も目立ち、深刻さを増す北朝鮮情勢にちなんだ「Jアラート」や、女性問題や失言など不祥事が相次いだ「魔の2回生」も選出された。
 選考委員特別賞は若者の活躍から、陸上男子100メートルで10秒台の壁を破った東洋大の桐生祥秀選手のタイム「9.98」と、中学生棋士の藤井聡太四段が打ち立てた公式戦連勝記録「29連勝」が選ばれた。
 藤井四段は「来年は平成30年。30連勝を目指す!といいたいところですが、まずは一歩一歩確実に強くなっていくため、日々精進していく思いです」とのコメントを寄せた。[2017.12.01]
 via https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120101040&g=soc

・ノミネート30語
アウフヘーベン/インスタ映え/うつヌケ/うんこ漢字ドリル/炎上○○/AIスピーカー/9.98(10秒の壁)/共謀罪/
GINZA SIX/空前絶後の/けものフレンズ/35億/Jアラート/人生100年時代/睡眠負債/線状降水帯/忖度/ちーがーうーだーろー!/刀剣乱舞/働き方改革/ハンドスピナー/ひふみん/フェイクニュース/藤井フィーバー/プレミアムフライデー/ポスト真実/魔の2回生/
○○ファースト/ユーチューバー/ワンオペ育児

・ユーキャン新語・流行語大賞
 http://singo.jiyu.co.jp/

◇ 今年の単語、「共謀」表す形容詞に 英語辞書サイトが選出
英語辞書サイトのディクショナリー・ドットコムは28日までに、今年を代表する「2017年の単語」として、共謀や共犯、加担を意味する形容詞「complicit」を選んだと発表した。
同サイトはこの単語を「自身の選択で違法または疑わしい行為にかかわり」「不正行為の共犯者になっている、あるいは関与している」状態と定義している。
インターネット上では今年、complicitという単語を検索する人が3回にわたって急増した。
1回目は、3月に人気コメディー番組の「サタデー・ナイト・ライブ」で女優のスカーレット・ヨハンソンさんがトランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官に扮し、「Complicit」という架空の香水を宣伝した時。香水の売り文句は「全てを制止できる立場にありながら、しようとしない女性のために」だった。
2回目は4月、イバンカ氏が同番組などの批判に対し、「complicitの意味が分からない」と発言した時。
さらに10月、与党・共和党の立場でありながらトランプ氏を厳しく批判してきたジェフ・フレーク上院議員が引退を宣言した時も、この単語が盛んに検索された。同議員は、現在の政治状況やトランプ氏の大統領としての姿勢に言及し、「共犯者になる(complicit)つもりはない」と述べていた。
また同サイトによれば、米映画界などの有力者によるセクハラ行為が相次いで告発されている問題でも、周囲が問題を知りながら目をつぶっていたのではないかという議論にcomplicitという言葉が登場している。
同サイトが発表した「16年の単語」は、外国人への憎悪感情を意味する「xenophobia」だった。
 via https://www.cnn.co.jp/tech/35111039.html






[タグ] 新語 流行語 2017 言葉
ブログパーツ アクセスランキング

| 社会 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT