FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“稀代のドリブラー”35歳アリエン・ロッベンが現役引退へ「自分の情熱のために19年間生きた」 はてなブックマーク - “稀代のドリブラー”35歳アリエン・ロッベンが現役引退へ「自分の情熱のために19年間生きた」




 2018-19シーズン限りでバイエルンを退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)が現役引退を表明した。同クラブの公式サイトが伝えている。
 2000年にフローニンゲンでプロデビューを果たしたロッベンはPSV、チェルシー、レアル・マドリーを経て2009年8月にバイエルンに移籍。怪我に悩まされることもあったが、持ち味のスピードや切れ味鋭いドリブルを武器に公式戦309試合で144ゴール81アシストを記録。2012-13シーズンには念願のチャンピオンズリーグ制覇を果たし、ブンデスリーガ7連覇も経験した。
 2003年4月にデビューを果たしたオランダ代表では、96試合で37ゴールを記録。2010年南アフリカワールドカップで準優勝、2014年ブラジルワールドカップで3位躍進に貢献した。
 現役生活に終止符を打ったロッベン。「自分の情熱のために19年間生きた、そしてその最大限を出そうと試みた。それには確かな姿勢が要求され、毎日多くのエネルギーを消費するんだ。特に思い通りに物事が進まない時はね」と振り返り、「妻と子どもたちとより多くの時間を過ごせることが嬉しい。全ての素晴らしいことがまだ僕たちの前にあるよ」と今後のキャリアについては明言しなかった。
via https://web.gekisaka.jp/news/detail/?278677-278677-fl


◆Arjen Robben ranks his Top 10 Goals for FC Bayern!


この投稿をInstagramで見る

What a player! What will miss you the most?

FC Bayern Münchenさん(@fcbayern)がシェアした投稿 -



・現役引退のロッベン、戦友らが惜別メッセージ 「偉大な男」「対戦できて嬉しかった」
  https://www.football-zone.net/archives/201524

スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

引退を決めたフェルナンド・トーレス! リヴァプール時代のBESTゴール10 はてなブックマーク - 引退を決めたフェルナンド・トーレス! リヴァプール時代のBESTゴール10


先日、自身のInstagramで現役引退を表明したサガン鳥栖FWフェルナンド・トーレス。アトレティコ・マドリード、スペイン代表など数多くの舞台で活躍してきた名ストライカーだが、最も良い状態にあったのはリヴァプール時代ではないだろうか。リヴァプールに移籍した2007-08シーズンにはキャリアハイとなるリーグ戦24得点を決めており、スティーブン・ジェラードとのコンビネーションはプレミアリーグ制覇あと一歩のところまで近づいた。
リヴァプール公式はトーレスの引退表明を受け、リヴァプールでのベストゴールTOP10なる動画を作成。引退を惜しむと同時に、感謝を伝えている。映像では自慢のスピードを活かしたゴールから、強烈なミドルシュートによるゴールも紹介されている。近年ではなかなか見られなかったダイナミックなプレイと言えよう。



また、英『The Sun』が紹介したチェルシー時代に決めたバルセロナ相手のゴールも忘れられない。チェルシーでは苦しい時間を過ごしたが、2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグで味方のクリアボールを拾ったところから独走し、最後はGKをかわして得点。バルセロナを沈め、チェルシーの決勝進出を決める劇的なゴールとなった。このシーンを強烈に記憶している人も多いだろう。



クラブシーンではリーグタイトルを獲得できなかったが、スペイン代表ではEUROもワールドカップも制した。伝説のストライカーなのは間違いなく、鳥栖でも最後までゴールを追い求めて欲しいところだ。
via https://www.theworldmagazine.jp/20190622/01world/england/245245

・現役引退を発表…トーレスが明かした「決断」の理由は?
 https://matome.naver.jp/odai/2156130984603394901



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レアル・マドリー移籍が決定した久保建英のレアル・マドリー編集「神プレー動画」 はてなブックマーク - レアル・マドリー移籍が決定した久保建英のレアル・マドリー編集「神プレー動画」





・18歳久保建英の仲間やライバル候補に…レアルの“同世代選手”たち
 https://www.footballchannel.jp/2019/06/15/post326087/

・【現地発】マドリーはなぜ久保建英を獲得したのか? トップチーム昇格の鍵となるのは…
  https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=60102

・「難しい決断でした」マドリー移籍の久保建英がコメントを発表。移籍の背景と惜別の想いを綴る
 スペインの名門レアル・マドリーに完全移籍した久保建英が、FC東京の公式HPでコメントを発表した。
「FC東京のファン・サポーターのみなさま、この度、レアル・マドリードに移籍することになりました」と冒頭で報告した久保は、「チームが首位をキープしている中、シーズンの途中でチームを離れることは難しい決断でした」と告白。また、「ただ、自分で決めた以上は悔いの無いよう、責任を持ってしっかりサッカーと向き合いたいと思います」と新天地での決意を語った。
 2015年5月にバルセロナの下部組織からFC東京U-15むさしに加入した久保は、17年11月に16歳でプロ契約を結び、33節のサンフレッチェ広島戦でJ1デビュー。18年途中に横浜F・マリノスへ期限付き移籍し、8月の24節・ヴィッセル神戸戦でJ1初ゴールをマークした。FC東京に復帰した今季は開幕からスタメンの座を掴み、首位を走るチームを牽引していた。
「日本に帰ってきてから今まで、色々なことがありましたが、自分を成長させてくれたFC東京に関わるみなさんには、感謝の言葉しかありません。 本当にありがとうございました」
 FC東京への想いをそう語った久保は、「これから先は何が起こるかわりませんし、不安も少なからずありますが、FC東京で培ってきたもの、そして歩んできた日々が、自分の自信となり背中を押してくれると信じています。これからは、FC東京の久保建英ではなくなりますが、一人のサッカー選手として、温かく見守っていただけると嬉しいです」とファン・サポーターに呼びかけた。
 via https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=60117
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 09:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[UEFA-CL] [UEFA-EL] 2018-19 決勝トーナメント組み合わせ決定 はてなブックマーク - [UEFA-CL] [UEFA-EL] 2018-19 決勝トーナメント組み合わせ決定

◇UEFA-CL ラウンド16

シャルケ(ドイツ) vs マンチェスター・C(イングランド)
アトレティコ・マドリード(スペイン) vs ユヴェントス(イタリア)
マンチェスター・U(イングランド) vs パリ・サンジェルマン(フランス)
トッテナム(イングランド) vs ドルトムント(ドイツ)
リヨン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
ローマ(イタリア) vs ポルト(ポルトガル)
アヤックス(オランダ) vs レアル・マドリード(スペイン)
リヴァプール(イングランド) vs バイエルン(ドイツ)

 12月17日、スイスのニヨンで2018-19シーズンのチャンピオンズ・リーグ、ラウンド・オブ16の組み合わせ抽選会が行なわれ、8つの対戦カードが決定した。
 いずれも注目だが、とりわけ、アトレティコ対ユベントス、マンチェスター・U対パリSGあたりは激しい好バトルが期待できそうだ。4連覇をめざすレアル・マドリーの相手はオランダのアヤックスとなった。名将クロップが祖国の王者と対戦するリバプール対バイエルンも楽しみなカードのひとつだろう。
 日程は以下に示した通り、来年2月12日よりラウンド・オブ16がスタートし、6月1日の決勝まで、欧州各地で熱戦が繰り広げられる。
 昨シーズンからの変更点は、準決勝前の組み合わせ抽選会がカットされたこと。ラウンド・オブ16終了後の3月15日に、準々決勝以降の組み合わせ抽選会が行なわれ、その後すべてのスケジュールが決定する。
 ちなみに決勝の会場は、アトレティコ・マドリーのホームスタジアム「ワンダ・メトロポリターノ」に決定している。

◎ノックアウトステージの日程(2019年)
☆ラウンド・オブ16
第1戦/2月12日~13日、19日~20日
第2戦/3月5日~6日、12日~13日

☆準々決勝以降のドロー:3月15日

☆準々決勝
第1戦/4月9日、10日
第2戦/4月16日、17日

☆準決勝
第1戦/4月30日、5月1日
第2戦/5月7日、8日

☆決勝:6月1日(会場=ワンダ・メトロポリターノ/マドリード)
※日程は変更になる場合があります。
via https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51562


◇UEFA-EL ラウンド32

プルゼニ(チェコ)vsディナモ・ザグレブ(クロアチア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)vsザルツブルク(オーストリア)
ラピッド・ウィーン(オーストリア)vsインテル(イタリア)
スラヴィア・プラハ(チェコ)vsヘンク(ベルギー)
クラスノダール(ロシア)vsレバークーゼン(ドイツ)
チューリッヒ(スイス)vsナポリ(イタリア)
マルメ(スウェーデン)vsチェルシー(イングランド)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)vsフランクフルト(ドイツ)
セルティック(スコットランド)vsバレンシア(スペイン)
スタッド・レンヌ(フランス)vsレアル・ベティス(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ)vsディナモ・キエフ(ウクライナ)
ラツィオ(イタリア)vsセビージャ(スペイン)
フェネルバフチェ(トルコ)vsゼニト(ロシア)
スポルティング・リスボン(ポルトガル)vsビジャレアル(スペイン)
BATEボリゾフ(ベラルーシ)vsアーセナル(イングランド)
ガラタサライ(トルコ)vsベンフィカ(ポルトガル)

 現地時間12月17日、UEFA本部のあるスイス・ニヨンでヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ32の組み合わせ抽選会が行なわれた。次ラウンド進出をかけて戦われる16カードは、以下の通りだ。

第1戦:2月14日
第2戦:2月22日
※一部チームは例外の開催あり、日程は変更の可能性あり

 日本人プレーヤーが所属するクラブでは、南野拓実が在籍するザルツブルクがベルギーのクラブ・ブルージュと、乾貴士が所属するベティスはフランスのレンヌと、長谷部誠のフランクフルトはウクライナのシャフタール・ドネツクと、長友佑都のガラタサライはベンフィカとそれぞれ対戦する。
 このほか、ラツィオ対セビージャの好カードが実現したほか、1969-70シーズン以来の優勝(当時はUEFAカップ)を目指すアーセナルは、ベラルーシのBATEボリソフと激突することとなった。
 なお、決勝は来年5月16日、アゼルバイジャンのバクーで開催される。
via https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51568
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モドリッチがバロンドール初受賞でし個人3冠(UEFAとFIFAの最優秀選手賞も受賞)を達成 はてなブックマーク - モドリッチがバロンドール初受賞でし個人3冠(UEFAとFIFAの最優秀選手賞も受賞)を達成




 フランス誌『フランス・フットボール』は3日、2018年のバロンドール受賞者を発表し、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が初受賞を果たした。
 モドリッチは昨季、レアルのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)3連覇に貢献。今夏に行われたロシア・ワールドカップではクロアチアのキャプテンとして同国を初の準優勝に導き、ゴールデンボール賞(大会最優秀選手)に選出された。
 すでにモドリッチは2018年のFIFA年間最優秀選手賞とUEFA最優秀選手賞を受賞しており、今回のバロンドールで個人賞3冠を達成。バロンドールは過去10年間にわたり、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が独占していたが、ついに“2強時代”に終止符が打たれる形となった。
 via https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260726-260726-fl

(※W杯のMVPとバロンドールの同時受賞は4人目 1966年の元イングランド代表FWボビー・チャールトン、1974年の元オランダ代表FWヨハン・クライフ、1982年の元イタリア代表FWパオロ・ロッシ)

・「信じられない気分」…バロンドール初受賞のモドリッチ「大きな喜び」
 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12月3日、2018年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが初選出された。受賞を果たした心境を、同選手が式典で語った。『BBC』が伝えている。
 これまで同賞は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)が独占していたが、2007年以来11年ぶりに両者以外の受賞となった。なお、メッシは2007年からトップ3を守っていたが、今回5位で12年連続のトップ3を逃している。
 モドリッチは受賞後壇上で歓喜のコメント。クロアチア人初のバロンドールは次のように語った。
「信じられない気分。世界中のすべての選手の中から、ここに立つことができて、大きな喜びだ」
「サッカーの長い歴史のなかで、バロンドールを受賞するような選手の一員に自分がなったことがいまだに信じられないんだ」
「彼ら(C・ロナウドとメッシは)は驚異的な選手だ。この賞を受賞したことは、2018年、ピッチで本当に特別なことをしたことを意味すると思う。2017年〜2018年のバロンドールを僕がもらったということは、そういうことだ」
「僕はキャリアの中で、困難な仕事や困難が瞬間でも努力を持続することが、才能を示す土台になっていると認識した」
「一言では言えないよ。こんな最高の賞は決して簡単に得られない。これまで僕が得てきたものすべても、獲得するのは簡単ではなかったけどね」
 現在33歳のモドリッチは昨シーズン、レアル・マドリードでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献。今夏に行われたロシア・ワールドカップでは、主将としてクロアチア代表を準優勝に導き、大会最優秀選手のゴールデンボール賞にも輝いた。この活躍からUEFA(欧州サッカー連盟)とFIFA(国際サッカー連盟)の年間最優秀選手賞もそれぞれ受賞。バロンドールとあわせて個人3冠を達成した。
  via https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20181204/872346.html


■最終順位
1. ルカ・モドリッチ(R・マドリー)
2. クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
3. アントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー)
4. キリアン・ムバッペ(パリSG)
5. リオネル・メッシ(バルセロナ)
6. モハメド・サラー(リバプール)
7. ラファエル・バラン(R・マドリー)
8. エデン・アザール(チェルシー)
9. ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)
10.ハリー・ケイン(トッテナム)
11.エンゴロ・カンテ(チェルシー)
12.ネイマール(パリSG)
13.ルイス・スアレス(バルセロナ)
14.ティボー・クルトワ(R・マドリー)
15.ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
16.セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
17.ガレス・ベイル(R・マドリー)
17.カリム・ベンゼマ(R・マドリー)
19.ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
19.イバン・ラキティッチ(バルセロナ)
19.セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
22.サディオ・マネ(リバプール)
22.エジソン・カバーニ(パリSG)
22.マルセロ(R・マドリー)
25.アリソン・ベッカー(リバプール)
25.マリオ・マンジュキッチ(ユベントス)
25.ヤン・オブラク(A・マドリー)
28.ディエゴ・ゴディン(A・マドリー)
29.イスコ(R・マドリー)
29.ウーゴ・ロリス(トッテナム)


◇“若手版バロンドール”初の受賞者はムバッペ

 フランス誌『フランス・フットボール』は3日、2018年のコパ・トロフィーをパリSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが受賞したことを発表した。コパ・トロフィーは、18年から新設されたもので21歳未満の選手を対象に贈られる賞となる。
 ムバッペは昨季、買い取りの設定金額1億8000万ユーロ(約235億7400万円)でモナコからパリSGに加入し、27試合13得点を記録するなど国内3冠に貢献した。さらにフランス代表の背番号10を背負って出場したロシア・ワールドカップでは、クロアチアとの決勝戦でのゴールを含む4得点を記録。チームを世界一と導き、自身はベストヤングプレーヤー賞(最優秀若手選手)を受賞していた。そして今季はリーグ戦10試合12得点と得点ランクのトップに立ち、首位を快走するチームを力強くけん引している。
 10月8日に発表された候補者10名の中にはムバッペの他に、フローニンゲンの日本代表MF堂安律やミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、ドルトムントのアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチらが名を連ねていた。
■コパ・トロフィー候補者10名
☆キリアン・ムバッペ(パリSG)
・フセム・アワール(リヨン)
・トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)
・パトリック・クトローネ(ミラン)
・堂安律(フローニンゲン)
・ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
・アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク)
・ユスティン・クライファート(ローマ)
・クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)
・ロドリゴ(サントス)

via https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260735-260735-fl

ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT