FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[CM] 新垣結衣 - 明治メルティーキッス 『雪だるまからの贈り物』篇 はてなブックマーク - [CM] 新垣結衣 - 明治メルティーキッス 『雪だるまからの贈り物』篇

関連記事
スポンサーサイト



[タグ] CM 新垣結衣
ブログパーツ アクセスランキング

| CM | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017FIFA最優秀選手賞:C・ロナウドが2年連続...メッシと並び最多5回目 はてなブックマーク - 2017FIFA最優秀選手賞:C・ロナウドが2年連続...メッシと並び最多5回目

WS001
 23日、FIFA(国際サッカー連盟)の年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2017」が行われ、男子年間最優秀選手賞に輝いたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、報道陣に対して喜びを語った。大手メディア『ESPN』が伝えている。
(※最終投票:C・ロナウドが43.16%、リオネル・メッシが19.25%、ネイマールが6.97%)
 昨シーズンの公式戦で46試合に出場し、42ゴールを記録したC・ロナウドは、5年ぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝と史上初のチャンピオンズリーグ連覇に大きく貢献。2年連続での最優秀選手賞受賞となり、FIFAバロンドールを含めて、バルセロナのFWリオネル・メッシと並び最多5度目の“世界一”に輝いた。
 同選手は度々持ち上がる“メッシとの比較論”に対し、「彼に勝つために戦っているわけではない」と冷静にコメント。「彼と僕は、同じ時代を生きている選手というだけ。彼も僕も5度“世界一”に輝いたというだけ」と比べることが無意味であるとの見方を強調した。
「僕はすごく幸せなんだ。前にも言ったけれど、僕は今、世界一のクラブでプレーできているから。ここ数年は、自分がハイレベルにいることを証明するための大舞台も沢山あったしね。フィジカル面でも良いコンディションをキープできている」
「だから僕はいつも淡々と、自分のやるべきことに集中している。明日何が起こるかは分からないから、今を精一杯エンジョイするんだ」
 終始メッシをライバル視していないことをアピールしたC・ロナウドだったが、最後に記者から「2人の時代はいつ終わりを迎えるのか?」という質問を受けると笑みを浮かべ、「まだ終わっていないよ。むしろ始まったばかりだ」と答えたという。

3e4269a1

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』との契約満了でFIFAバロンドール(年間最優秀選手賞)が終了したため、FIFAは昨年度から、新たに「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」を設立。バロンドールの授賞式は2018年はじめに実施され、C・ロナウドとメッシはバロンドールでも候補者30名に選出されている。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20171024/660043.html

■その他の候補23名
・リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)※最終候補
・ネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル代表)※最終候補
・ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント/ガボン代表)
・レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス→ミラン/イタリア代表)
・ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス/イタリア代表)
・ダニエル・カルバハル(レアル・マドリード/スペイン代表)
・パウロ・ディバラ(ユヴェントス/アルゼンチン代表)
・アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/フランス代表
・エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
・ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U/元スウェーデン代表)
・アンドレス・イニエスタ(バルセロナ/スペイン代表)
・ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
・エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス代表)
・トニ・クロース(レアル・マドリード/ドイツ代表)
・ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)
・マルセロ(レアル・マドリード/ブラジル代表)
・ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/クロアチア代表)
・ケイラー・ナバス(レアル・マドリード/コスタリカ代表)
・マヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ代表)
・セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード/スペイン代表)
・アレクシス・サンチェス(アーセナル/チリ代表)
・ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表)
・アルトゥーロ・ビダル(バイエルン/チリ代表)


・欧州MVPはロナウドで良かったのか?気になる4つの数字
 http://qoly.jp/2017/10/25/was-ronaldo-really-the-best-player-in-2016-17-kgn-1
 https://www.fourfourtwo.com/features/cristiano-ronaldo-isnt-europes-highest-paid-celebrity-anymore

◇FIFA/FIFProベストイレブン
DM2Iw9XXcAINS1x
 世界中のプロサッカー選手による投票で決まったメンバーには、チャンピオンズリーグ連覇を果たしたレアル・マドリードから、FWクリスティアーノ・ロナウドやDFセルヒオ・ラモスら最多5名が選出された。
 同じくCLファイナリストのユヴェントスからは、GKジャンルイジ・ブッフォン、DFダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマンに移籍)、DFレオナルド・ボヌッチ(ミランに移籍)の3名が選ばれた。そしてバルセロナからFWリオネル・メッシとMFアンドレス・イニエスタに加え、パリ・サンジェルマンに移籍したFWネイマールも名を連ねている。
 なお、C・ロナウドとメッシは11年連続の選出。その一方でブッフォンは2007年以来、10年ぶり3度目のメンバー入りを果たした。
  via https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20171024/659746.html

get20171024_1_tw
■GK
・ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユヴェントス)※10年ぶり3度目 

■DF
・ダニエウ・アウヴェス(ブラジル/ユヴェントス→パリ・サンジェルマン)※3年連続7度目
・マルセロ(ブラジル/レアル・マドリード)※3年連続4度目
・セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリード)※7年連続8度目
・レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユヴェントス→ミラン)※初選出

■MF
・ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)※3年連続3度目
・トニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリード)※2年連続3度目
・アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)※9年連続9度目

■FW
・リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)※11年連続11度目
・ネイマール(ブラジル/バルセロナ→パリ・サンジェルマン)※2年ぶり2度目
・クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)※11年連続11度目


◇FIFA最優秀GK賞:ジャンルイジ・ブッフォン
GettyImages-865518498-768x542
 FIFA(国際サッカー連盟)は23日、イギリス・ロンドンで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2017」を開催。今年度から新設された男子年間最優秀GK賞は、ユヴェントスに所属するイタリア代表のジャンルイジ・ブッフォンが受賞した。
 現在39歳のブッフォンは昨シーズン、ユヴェントスのセリエA6連覇に貢献。チャンピオンズリーグでは出場した12試合中8試合でクリーンシートを達成し、決勝進出の立役者となった。
 壇上で「英語で話さなければいけない…」と緊張した様子だったブッフォンは、通訳に頼んでもいいと言われたが、「いや、挑戦したいんだ」と返し、英語でゆっくりとスピーチを行った。
「この賞はとても名誉なことだから、本当に嬉しいよ。しかも僕の歳でね。とても誇りに思うが、まずはクラブ、コーチ、チームメイトに感謝したい。彼らがこの賞を可能にしてくれたからね。僕に投票してくれた全ての人にも感謝したい。昨シーズンはユヴェントスにとっても個人的にも素晴らしいシーズンだった。でも、欧州制覇には十分じゃなかった。今シーズンはイタリア代表でもユヴェントスでも、よりよいプレーができればと思っている。なぜなら、可能な限り素晴らしい勝利でサッカーを終えたいからね。ありがとう」
 ブッフォンは今夏に、「99.9パーセント、最後の年になる。もしチャンピオンズリーグを制したら、もう1年プレーを続ける」と、今シーズン限りで現役を引退する可能性を明かしていた。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20171024/659747.html


◇FIFA男子最優秀監督賞:ジネディーヌ・ジダン
get20171024_2_tw4
 国際サッカー連盟(FIFA)は、23日にロンドンで行われた年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2017」でレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を男子最優秀監督賞に選出した。
 最優秀監督賞の最終候補に、ジダン監督の他、チェルシーのアントニオ・コンテ監督、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督の3名がノミネート。そして、レアル・マドリーを史上初のチャンピオンズリーグ連覇と2011-12シーズン以来となるリーガ優勝に導いたフランス人指揮官が同賞を初めて受賞している。
 ジダン監督はスピーチで「全ての選手に感謝を伝えたい。これはとても特別な賞だ」と受賞の喜びを語っている。
via goal.com


◇FIFAプスカシュ賞:オリヴィエ・ジルー
 FIFA(国際サッカー連盟)は23日、イギリス・ロンドンで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2017」を開催し、最優秀ゴールのFIFAプスカシュ賞を発表した。

GettyImages-630761102-768x512

 ファン投票によって決められるプスカシュ賞は、アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの鮮やかな“スコーピオン弾”が選ばれた。1月1日に行われたプレミアリーグ第19節クリスタル・パレス戦で、ジルーは背中側にきたFWアレクシス・サンチェスからのクロスを、左足のヒールで合わせる華麗なスコーピオンキックでゴールネットを揺らしていた。



 登壇したジルーは、「レジェンドたちの前でこの賞を受賞できてとても嬉しい。僕を支えてくれた人たちに感謝したい。他の候補者たちも素晴らしいゴールを決めていた。チームメイトに感謝したい。彼らがいなければゴールできていなかったからね」とコメントした。
 なお、昨年はペナン(マレーシア・スーパーリーグ)に所属するマレーシア代表MFモハマド・ファイズ・スブリが受賞。“魔球”のようなフリーキックを決めて、アジア初となる快挙を達成していた。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20171024/659733.html

・2017年のプスカシュ賞、候補10ゴール
 http://qoly.jp/2017/09/25/fifa-puskas-award-2017-10-nominees-kwm-1
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米、ユネスコ脱退表明=「反イスラエル姿勢」理由に はてなブックマーク - 米、ユネスコ脱退表明=「反イスラエル姿勢」理由に

181cb6d2
 米国務省は12日、米国が国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)を脱退すると発表した。ボコバ事務局長に通告した。国務省によると、脱退は2018年12月31日付で、それ以降はオブザーバー国家としてユネスコとの関係を維持する方針。「機構改革の必要性や反イスラエル的な姿勢」を脱退の理由としている。「米国第一」を掲げるトランプ政権が国際社会に背を向ける姿勢が改めて鮮明となった。
 米国は11年にパレスチナがユネスコに正式加盟した際、パレスチナが正式加盟した国際機関への資金拠出を禁止する国内法に基づき、分担金の拠出を停止。米国の分担金はユネスコ年間予算の約22%を占めるため、ユネスコの運営は打撃を受けてきた。
 米国は1984年にユネスコの放漫財政などを批判して一時脱退し、2003年に復帰した経緯がある。
 ユネスコ執行委員会は16年10月、エルサレム旧市街にあるイスラム、ユダヤ両教の聖地保存に関する決議を採択したが、その際、聖地のユダヤ名に言及がなかったとして、イスラエルは強く批判した。イスラエル寄りの姿勢を見せるトランプ大統領はユネスコへの反発を強めていたとみられる。 
[2017.10.12]
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101201245&g=int

・イスラエルもユネスコ脱退へ=米国に追随
 イスラエルのネタニヤフ首相は12日声明を出し、米国の国連教育科学文化機関(ユネスコ)脱退発表を「勇気ある道徳的な決定」だと歓迎し、イスラエルもユネスコから脱退するよう外務省に指示したことを明らかにした。
 首相は「ユネスコは不条理劇になった」と批判。ユネスコは2016年10月、アラブ諸国の主張に沿う形で聖地エルサレムの保護に関する決議を採択。今年7月には、ヨルダン川西岸にあるパレスチナ自治区ヘブロン旧市街を世界遺産に登録することを決定し、イスラエル側は、イスラム教とユダヤ教の共通の聖地を擁する場所でありながら、ユダヤ教との関わりが考慮されていないとして強く反発した。
 ユネスコをめぐっては、パレスチナが11年に正式加盟したことを受けて、イスラエルや米国が中東和平交渉を損ねると反発していた。[2017.10.13]
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101300254&g=int

・ユネスコ脱退、アメリカとイスラエルが表明 パレスチナ問題で抗議
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/12/unesco_a_23241891/

・アメリカ「ユネスコ脱退」を表明‥TPPパリ協定に続く孤立
 https://matome.naver.jp/odai/2150783417335749801

・米国とイスラエル、相次ぎユネスコ脱退発表
 http://www.bbc.com/japanese/41605182

◆アメリカはなぜユネスコ脱退を表明したのか? 世界遺産をめぐる中東の思惑
  https://thepage.jp/detail/20171130-00000012-wordleaf


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 政治 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[画像] ソファーでくつろぐクマ はてなブックマーク - [画像] ソファーでくつろぐクマ

・カナダ・マニトバ州のゴミ捨て場にて
sofabear-1

sofabear-3

sofabear-2
関連記事
[タグ] クマ 動物 画像
ブログパーツ アクセスランキング

| 動物 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

揺れるカタルーニャ独立問題…スポーツと政治が切り離せないスペインの今 はてなブックマーク - 揺れるカタルーニャ独立問題…スポーツと政治が切り離せないスペインの今

 スポーツと政治は、切り離せない。
 そんなことを痛感せずにはいられない数日を過ごしている。

aa_picture_20140911_3256251_high

 10月1日にスペイン北東部のカタルーニャ州の州政府が、独立の是非を問う住民投票を強行した。住民投票は法律に則った形では行われておらず、中央政府は違法な投票を阻止するため投票箱を回収しようと警察を投票所に送り込んだ。そして送り込まれた警察が住民と衝突し、800人以上が負傷。その内警察も30人以上が負傷した。マドリードに本社を置くメディアとバルセロナに置くメディアによって報道の仕方、伝え方は違うが、SNSで拡散された警察と住民の衝突の多くの動画はショッキングなものだった。
 カタルーニャ州労働組合ではこの警察の暴力に対して、3日にストライキを行った。同日夜にスペイン国王がテレビ演説でカタルーニャ州政府の幹部らを批判した。開票した結果、投票率は約42パーセントでその内約90パーセントが賛成だったという。しかし、ネットワークが通じず、投票用紙がばらまかれている所もあったので、正確とは言い難い。そういう報道もあった。カタルーニャ州政府は、対話を求めているが、それはまず法律に従ってからと交渉に応じない姿勢を中央政府は一貫している。
 10月1日の住民投票前後からスペインは、特にカタルーニャは、この話題一色だ。政治の話だが、スペインで最も人気のあるサッカーはこの政局の影響をもろに受けている。
 10月1日の住民投票当日にバルセロナはラス・パルマスと試合を行ったが、カンプ・ノウのスタンドに観衆は一人もいなかった。住民と警察の衝突により、スタジアムでも暴動が起きる危険性が高く、延期すればプロリーグ機構から勝ち点6を剥奪される制裁が与えられるため、無観客試合を敢行した。街では異常事態が起こっているのに、試合を開催したことで、バルセロナのソシオからは怒りと失望が、試合当日の直前に無観客を決めたことに他のところから非難の声がジョゼップ・マリア・ベルトメウ会長に集まっている。
 またこの日の対戦相手ラス・パルマスは、スペイン国旗を刺繍したユニフォームで挑み、自分たちの立場を明確にしている。同日にサンティアゴ・ベルナベウで開催されたレアル・マドリードとエスパニョールのゲームではスタンドがスペイン国旗で埋め尽くされた。バルセロナ、ジローナ、そしてヒムナスティック・タラゴナのカタルーニャ州に本拠地を置く3チームは住民投票に賛成の意を公に示しているが、エスパニョールは何の意思表示をしていない。そのため、バルセロナを本拠地とするチームではあるが、サンティアゴ・ベルナベウでマドリディスタと衝突が起こることはなかった。
 バルセロナのジェラール・ピケ、セルジ・ロベルトは住民投票に行った事をSNSで公にし、そしてピケは試合後にメディアに向けて、住民投票に行ったことを話し、その住民投票に実力行使で対応したスペインのラホイ首相を批判した。住民投票の翌日にマドリードのスペインサッカー協会施設で、代表活動が始まり、2日の公開練習ではスタンドからピケへ多くのブーイングが送られ、「出て行け」というコールも起こった。代表チームは毎日選手がメディアの前に登場し、記者会見を行うが、質問はピケのことばかり。そこで4日の会見にピケが登場した。スペイン代表センターバックは、約35分質疑に応答した。
「僕の代表での取り組みは、疑うことは不可能だ。15歳から代表でプレーしてきた。代表は家族だと考えている」
「何回も言っているけど、スペイン代表にいることをとても誇りに思う」
「僕のケースではないけど、スペイン代表で独立主義もプレーできると思う。なぜならカタルーニャ代表はないし、独立主義はスペインと対峙するものがないからだ。カタルーニャ人はスペインを敵対しているわけではない。離脱したいだけだ。多くのカタルーニャ人はシンプルに自分たちの国を持ちたいと欲して、独立主義になっている」
 ピケは住民投票に賛同しているという意見を表明しただけで独立の支持、反対のどちらに投票しかたは明言していない。過去をさかのぼっても「カタルーニャ州の独立を支持するか、しないか」は1度も明確に自身の信条を公言していない。ジョゼップ・グアルディオラのように公に独立支持を表明したことは、ピケはない。しかし、これまでの言動なので、スペイン国民の大半からは独立主義であると思われており、会見で騒動の収束を図らなければならなかった。
 この会見で次の対戦相手のアルバニアについて問われると、一時笑いが起こった。ピケも笑顔になった。それまでサッカー選手の会見になのに、誰もサッカーの質問をしておらず、全て政局に関する質問ばかりだった。ピケもそんな質問が来るとは思っていなかった。
 政治とスポーツは切り離されているのが理想だが、スペインではそうではない。このように各クラブ、そしてピケのように一部の選手も政治的メッセージを発信しており、サッカーも政治から離れようとは思っていない。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20171007/652283.html

Spain map

Map_of_Catalonia

20140929125108f3e


◆なぜカタルーニャ州では、「クレヨンしんちゃん」が独立のアイコンなのか?

mig

 http://qoly.jp/2017/10/04/catalonia-independence-and-crayon-shinchan-kwm-1

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 政治 | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |