FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[動画] 現役引退を発表したロナウジーニョ 「仰天プレー」の数々 はてなブックマーク - [動画] 現役引退を発表したロナウジーニョ 「仰天プレー」の数々

maxresdefault

・Ronaldinho's most jaw-dropping plays with Barça


・Ronaldinho Gaucho ● Moments Impossible To Forget


・Ronaldinho - Football's Greatest Entertainment


・RONALDINHO • Best Goals Collection


・Ronaldinho 1998 - 2018 • Goodbye Football


・メッシやペレ、新旧レジェンドたちがロナウジーニョの引退を惜しむ
 現役引退を発表した元ブラジル代表FWロナウジーニョに、フットボール界の“レジェンド”から続々と惜別の声が届いている。
 バルセロナで共に3トップを形成し、ロナウジーニョの横でプレーしながら、自身もバルセロナの大黒柱へと成長して行ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、偉大な先輩に多大な感謝の言葉を並べた。
「これまで常に言って来た通り、僕はあなたの隣で多くを学んだ。感謝の気持ちは生涯変わらない。とりわけトップチームに上がった時は、あなたがあらゆる事を助けてくれたお陰で、全てが簡単に進んで行った。あなたと沢山の思い出を共有できるという幸運に恵まれ、本当に嬉しく思っている。なぜなら、あなたはボールを持てば天才であるうえ、人として素晴らしいという最も大切な物を持っているからだ。引退を決断されたのは悲しいけれども、フットボールはあなたの笑顔を決して忘れない。ロニー、あなたに最高の幸運を」
 また、ロナウジーニョからブラジルのエースを受け継いだパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールは、現役時代の類まれなプレーに最大限の賛辞を送っている。
「あなたの歴史の一部を形作れたのは大変な名誉だ。あなたがピッチで見せてくれた歓喜は一生心に残り続ける。超えるのが難しい遺産を、あなたは残して行った。フットボールをアートにしたのだからね」
 さらに、“フットボールの王様”ことブラジルが誇るレジェンド選手であるペレ氏も、大物らしい口調で母国の後輩を労った。
「ロナウジーニョ、君は全ての人に微笑みを与えてくれた。君のファンでなくして、フットボールを愛しているとは言えない。君が見せてくれたショーにありがとう。ピッチ上で次々とタックルをかわして行ったように、人生においても次々と目標を叶えて行くことを願っている」
 現在37歳のロナウジーニョはブラジルのグレミオでデビューし、パリ・サンジェルマンを経て2003-04シーズンにバルセロナに加入した。在籍5シーズンでチャンピオンズリーグ優勝やリーガ・エスパニョーラ連覇などを達成し、個人としてもFIFA最優秀選手賞を2004年、2005年に連続で受賞するなど素晴らしい経歴を残している。
 バルセロナ退団後はミランでプレーし、10-11シーズンにフラメンゴに移籍してブラジル復帰。その後に移籍したアトレチコ・ミネイロではコパ・リベルタドーレス優勝を達成し、史上8人目の欧州&南米王者に輝いた。退団後はケレタロ、フルミネンセと渡り歩き、2015年9月以降は無所属の状態が続いていた。
via http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180119/704091.html


・誰よりも偉大だったロナウジーニョ…メッシやC・ロナウドとも比較し得ないクラックの存在価値
リオネル・メッシか、クリスティアーノ・ロナウドか。誰がより優れたフットボーラーなのか? どんな答えが出るにせよ、それは世代による刻印を受けている。ここ数年で言えば、世界最高のプレーヤーは誰かと問われれば、ほとんど常にメッシかロナウドどちらかの名前が挙げられてきた。
2016年の夏、デコにこの問いが向けられた。バルセロナで黄金期を築いたデコは、メッシとロナウドの二択には承服しかねるらしく、次のように答えた。
「レオよりも、クリスティアーノよりも、ロナウジーニョの方がずっと才能に恵まれていたよ。彼には生まれながらの才能が備わっていて、特別な力があったんだ。彼にボールを送ると、そこから生まれるのはいつだって別次元の動きとシュートだったよ」
実際、これに異議を唱えるのは難しい。ロナウドがピッチの上で背番号9の選手に何ができるかというイメージを塗り変えたとすれば、ロナウジーニョはさらに、そもそもフットボーラーに何ができるかというイメージを一新したのだ。彼はフットサルの目を疑うようなトリックを大きなフィールドに持ち込み、それまで誰も見たことがなかったようなテクニックを披露してくれた。
ケヴィン=プリンス・ボアテングが今でも語り草にしているのは、ACミラン時代のロナウジーニョが続けざまに3度、ボールをクロスバーに命中させた時のことだ。ロナウジーニョは、ただそれができるからやったにすぎなかった。「僕たちほかの選手は自分の胸に尋ねたものだよ。ロナウジーニョの体には、どうやってあれだけたくさんの才能が収まってるんだろうってね」と、ボアテングは回顧する。

■「すごいのはトリックプレーだけじゃない」
当時、バルサでともにプレーしていたエイドゥル・グジョンセンは、ロナウジーニョは物理法則に逆らうことができるとさえ思っていた。
「彼と一緒にプレーして、彼がボールをどう扱うのか見たら、それからはもう何を見ても全然驚かなくなるよ。そのうち、ボールを喋らせることだってやってのけるだろう」
さらに、ブラジル代表の盟友であるロベルト・カルロスは「トリックプレーがすごいだけじゃない。彼は、自分の並外れた能力にふさわしい新しいタイプのシュートを生み出して、それを決めて見せたんだ」と派手なだけがロナウジーニョの凄さではないことを熱弁する。
たとえば、2005年にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシーとのアウェー戦で、彼は止まった状態からあり得ないようなシュートを放った。魅惑的で頭がくらくらするようなシュートだった。だが、この時のシュートはほんの一例にすぎない。実際、説明のしようもないような彼の才能を示すプレーを挙げれば枚挙にいとまがない。当時のフットボールファンたちは、今度はロナウジーニョが何をやってのけるか、ただそれを見るためだけに、こぞってバルセロナの試合に目を向けていたのだ。
バルセロナでロナウジーニョがデビューを飾った2003年9月3日のセビージャ戦では、インターナショナルブレイクへ向けてのスケジュール調整のため、真夜中5分過ぎにようやくホイッスルが鳴った。にもかかわらず、ブラジル生まれの新たなスーパースターを見ようと、8万を超えるサポーターがカンプ・ノウに集結した。そして、そのうちのただのひとりも、そんな時間にスタジアムに足を運んだことを後悔しかったはずだ。
午前1時30分ごろ、自陣でボールを受けたロナウジーニョはセビージャの2人の選手を抜き去って、30mの距離からシュートを放ったが、このボールが唸りをあげつつクロスバーを揺らしてゴールに飛び込んだ。結局試合は引き分けに終わったものの、ロナウジーニョはバルセロナに再び大きな成功を収める希望をもたらしたのだった。後にデビッド・ベッカムはこう語っている。
「ロナウジーニョがバルセロナで大活躍していた頃、彼が相手じゃプレーのしようがないような時期があった」
そして2004年から2006年にかけてバルセロナは、連覇を成し遂げ、チャンピオンズリーグも制したのだった。

ronaldinho-champions-2006_1iknwdbrzpbfh1n4i1vyrrng1m

■敵地でのスタンディングオベーション
この2年間はまさにロナウジーニョのキャリアの頂点に当たる時期だった。彼は意欲に燃え、魔法のように素晴らしいプレーを見せた。天賦の才と安定性が相まって、後にも先にもアルフレッド・ディ・ステファノ、ディエゴ・マラドーナ、メッシらしか到達しなかったようなレベルにまで上り詰めた。来る週も来る週も、ロナウジーニョは世界中のフットボールファンに固唾をのませながら、いつも愛すべき笑顔を浮かべていた。「彼のプレーを見ていると楽しくなるし、喜びが湧いてくる。世界中の誰もが彼を好きになるような、そんな独特な魅力があるんだ」と、当時指揮していたフランク・ライカールトは語ったものだ。
2005年11月にはレアル・マドリーのファンまでがサンティアゴ・ベルナベウの座席から立ち上がり、最大のライバルチームでプレーするこの魔術師に拍手を送ったのだった。「あのことは絶対に忘れないよ。相手チームのファンからあんなふうに拍手してもらえるなんて、滅多にあることじゃないからね」と、ロナウジーニョは後に語った。それまでにサンティアゴ・ベルナベウでスタンディングオベーションを受けたバルセロナの選手と言えば、ただひとりマラドーナがいるだけだ。メッシでさえ、まだそんな経験はしたことがない。
この時にロナウジーニョは、バルセロナとレアル・マドリーのライバル関係という、動かしがたく堅固だと思われていた法則を乗り越えたのだ。どのクラブの選手であるかに関わりなく、彼はそれをやってのけた。ロナウジーニョは最高のプレーヤーだと評価されたいと思っていたわけではない。ただフットボールを楽しもうとしていたにすぎない。彼の物腰や振る舞いを見ればそれは明らかだった――フットボールを楽しむだけでなく、生きることそのものを楽しむこと、そして、周囲もそれを楽しんでくれることを彼は望んでいたのだ。

56193227DD016_Real_Barcelon

■「もっとメッシとプレーしたかった」
2006年の夏にバルセロナがプロモーションツアーでロサンゼルスを訪れた時、当時NBAのスター選手だったコービー・ブライアントが練習を見学しに来たことがある。「ロナウジーニョは僕の親友の一人だったんだけど、彼と話していたら彼が僕に『ほら、コービー、僕の仲間を紹介するよ。彼はもうすぐ、あらゆる時代を通じて一番すごい選手になるよ』って言ってきたんだ。だから僕は『え? 一番すごいのはお前だろ?』って返した。そしたらロナウジーニョは答えたよ。『いや、そんなことはないよ。ここにいるこいつこそ最高の選手になるやつだ』」。当時17歳のその少年がリオネル・メッシだった。
ロナウジーニョは謙虚でもあればユーモアも備えていた。彼が期待されるほど真剣に試合に取り組んでいないと感じる者も少なくはなかった。が、このことはそれだけいっそう、本来の彼がどんなに素晴らしい選手だったかを教えてくれる。ロナウジーニョはワールドカップとコパ・アメリカとコパ・リベルタドーレスとチャンピオンズリーグで優勝したのだ。
このような素晴らしい経歴にもかかわらず、ロナウジーニョはすでに何度も次のような質問を受けている。「キャリアを終えた後で過去を振り返ったとしたら、残念に思うことは何だろうか」と。それに対して彼はこう答えている。

x-default

「もっと長い間メッシとプレーしたかったね。彼はとても素晴らしい選手だ。でも、彼のキャリアの初めに僕が彼の最初のゴールをアシストできたことをとてもうれしく思っているよ。もっと彼と一緒にプレーできたら本当に素晴らしかっただろうな。だけど、当時はもう、バルセロナで僕が活躍できた時代は終わっていた。バルセロナを去って、新しい目標を定めなければならない時期が来ていたんだ」
ロナウジーニョはいま、最終局面に立ち、彼の笑顔と類稀な才能によって消し難い刻印を残した世界のフットボールの大舞台に別れを告げようとしている。確かに、彼はもっと多くのことを成し遂げ、もっと多くのタイトルを手にすることだってできたかもしれない。だが、ロナウジーニョは満足している。「僕はやりたかったことはみんなやり遂げた。そのことに限りなく感謝しているんだ」。
via goal.com

・【動画】引退のロナウジーニョ、バルサファンが選んだ「5つの思い出」は?
■1位:サンティアゴ・ベルナベウでの大活躍(2005-06シーズン)
■2位:メッシの初得点をアシスト(2004-05シーズン)


■3位:ビジャレアル戦でのオーバーヘッド(2006-07シーズン)


■4位:チャンピオンズリーグ優勝(2005-06シーズン)


■5位:バルセロナでの初ゴール(2003-04シーズン)


 https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180120/703888.html
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 02:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第158回芥川賞は石井遊佳と若竹千佐子、直木賞は門井慶喜 はてなブックマーク - 第158回芥川賞は石井遊佳と若竹千佐子、直木賞は門井慶喜



 第158回芥川龍之介賞(芥川賞)と第158回直木三十五賞(直木賞)が16日に発表され、芥川賞は石井遊佳(いしい・ゆうか)さんの「百年泥」(新潮11月号)と若竹千佐子(わかたけ・ちさこ)さんの「おらおらでひとりいぐも」(文藝冬号)が受賞。

51ljXeSv+yL._SX336_BO1,204,203,200_

51lo8re4whL._SX341_BO1,204,203,200_

直木賞は門井慶喜(かどい・よしのぶ)さんの「銀河鉄道の父」(講談社)が受賞した。

51g1VX8e3RL._SX351_BO1,204,203,200_

直木賞には人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI」のSaoriこと藤崎彩織さんの「ふたご」(文藝春秋)も候補になっていたが受賞を逃した。
 石井さんは、大阪府枚方市生まれ。東京大大学院人文社会系研究科インド哲学仏教学博士課程を満期退学。日本語教師を経て2017年に「百年泥」で第49回新潮新人賞を受賞した。「百年泥」は、意思に反してインドのチェンナイで日本語教師をする女性が、現地で百年に一度という大洪水に見舞われ、堆積した泥から現れた品々についての出来事が描かれる。
 若竹さんは、1954年岩手県遠野市生まれ。岩手大教育学部卒業で、現在は主婦。2017年「おらおらでひとりいぐも」で第54回文藝賞を受賞しデビューした。同作は、74歳、ひとり暮らしの桃子さんの「老いの境地」を描いた作品。
 門井さんは、1971年群馬県桐生市生まれ。94年同志社大文学部文化学科文化史学専攻を卒業。2003年 「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞し、06年に「天才たちの値段」で単行本デビューした。「銀河鉄道の父」は、地元の名士で浄土真宗信者でもあった宮沢賢治の父・政次郎の視点から、賢治の生涯を描いた作品。

◇第158回芥川龍之介賞候補(敬称略、五十音順)
石井遊佳「百年泥」(新潮11月号)▽木村紅美「雪子さんの足音」(群像9月号)▽前田司郎「愛が挟み撃ち」(文學界12月号)▽宮内悠介「ディレイ・エフェクト」(たべるのがおそいvol.4)▽若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(文藝冬号)

◇第158回直木三十五賞候補(同)
彩瀬まる「くちなし」(文藝春秋)▽伊吹有喜「彼方の友へ」(実業之日本社)▽門井慶喜「銀河鉄道の父」(講談社)▽澤田瞳子「火定」(PHP研究所)▽藤崎彩織「ふたご」(文藝春秋)

via https://mantan-web.jp/article/20180116dog00m200015000c.html


nov001-jpp025924473
(※芥川賞の若竹千佐子さん(右)と直木賞の門井慶喜さん)
 第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞には石井遊佳さん(54)の「百年泥」(新潮11月号)と若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)の2作が、直木賞には門井慶喜さん(46)の「銀河鉄道の父」(講談社)がそれぞれ選ばれた。
 石井さんは初候補で受賞した。作品はインドで日本語教師として働く女性の物語。大洪水で1世紀にわたり川底に堆積した泥が巻き上げられ、中から出現した品々にまつわる人々の混然とした記憶が実体化していく。
 若竹さんはデビュー作、初候補での受賞。2013年に75歳で受賞した黒田夏子さんに次ぐ高齢記録となる。新たな老いの境地を描いた受賞作は、74歳で独り暮らしの桃子さんが主人公。夫は他界、子どもらとも疎遠な日常の中、心には懐かしくもにぎやかな東北弁の声が満ち始める。
 選考委員の堀江敏幸さんは、石井さんの「百年泥」について「混沌(こんとん)としたインドの現実と奇想、妄想をうまく物語に収めた」と評価。若竹さんの「おらおらでひとりいぐも」については「東北弁と標準語をバランス良く配し、言葉に活気、勢いがある」と、年齢を感じさせない「若々しさ」に言及した。
 一方、門井さんは3回目の候補。作品は「銀河鉄道の夜」で知られる宮沢賢治とその父・政次郎の関係を描く。何事にも前のめりな息子への愛と、親としての建前のはざまで揺れる父の姿が浮き彫りにされる。
 選考委員の伊集院静さんは「歴史的事実だけでなく、賢治を思う父、父を思う賢治という、人間の感情が非常にうまく書かれていた。門井ワールドと言える短い文章で端的に表し、ユーモアもある」とたたえた。
 人気バンド「SEKAI NO OWARI」で活動し、デビュー作で直木賞の候補となった藤崎彩織さん(31)は受賞を逃した。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011601039&g=soc


・直木賞発表間近! 処女作にしてノミネートされたセカオワ・Saoriの小説『ふたご』、はたしてその評判は?
 https://ddnavi.com/review/429981/a/

・ダブル受賞の芥川賞・直木賞!10候補作品をチェックしてね。
 https://matome.naver.jp/odai/2151610538276197001

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 図書 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリッペ・コウチーニョのバルセロナ移籍が正式決定!5年半契約で2位の移籍金218億円 はてなブックマーク - フィリッペ・コウチーニョのバルセロナ移籍が正式決定!5年半契約で2位の移籍金218億円

TELEMMGLPICT000150009327_trans_NvBQzQNjv4BqZgEkZX3M936N5BQK4Va8RYaLJx98Mj1weJee8VEGQpU
 バルセロナが6日、リバプールに所属する25歳のブラジル代表FWフィリッペ・コウチーニョを完全移籍で獲得したと発表した。5年半契約で契約期間は2023年6月までとなっている。
 クラブの発表によると、契約解除金は4億ユーロ(約544億円)に設定されたという。スペイン紙『アス』が報じている情報によれば移籍金は1億6000万ユーロ(約218億円)になったようだ。これは、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマールに次ぐ歴代2位の記録となっている。
 コウチーニョはインテルやエスパニョールなどを経て、2013年からリバプールでプレー。主力として活躍し今季は公式戦20試合出場で12得点9アシストを記録していた。
via https://www.footballchannel.jp/2018/01/07/post250142/

image



・コウチーニョ入団会見全文「バルサでプレーするのが僕の夢。迷いはいっさいなかった
 http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=34579

◆歴代移籍金TOP20:2018年1月7日時点(1ユーロ=130円で換算)
■1位:ネイマール(2017年)
2億2200万ユーロ(約288億円)
バルセロナ→パリSG

■2位:キリアン・エムバペ(2017年)
1億8000万ユーロ(約234億円)
モナコ→パリSG
※固定額1億4500万ユーロ+ボーナス3500万ユーロ。1年目の今シーズンはレンタルで、完全移籍に伴う支払いは2018年夏

■3位:フィリッペ・コウチーニョ(2018年)
1億6000万ユーロ(約208億円)
リバプール→バルセロナ
※固定額1億2000万ユーロ+ボーナス4000万ユーロ

■4位:ウスマンヌ・デンベレ(2017年)
1億4500万ユーロ(約188億円)
ドルトムント→バルセロナ
※固定額1億500万ユーロ+ボーナス4000万ユーロ

■5位:ポール・ポグバ(2016年)
1億1000万ユーロ(約143億円)
ユベントス→マンチェスター・U
※固定額1億500万ユーロ+ボーナス500万ユーロ

■6位:ガレス・ベイル(2013年)
1億100万ユーロ(約131億円)
トッテナム→R・マドリー

■7位:クリスチアーノ・ロナウド(2009年)
9400万ユーロ(約122億円)
マンチェスター・U→R・マドリー

■8位:ゴンサロ・イグアイン(2016年)
9000万ユーロ(117億円)
ナポリ→ユベントス

■9位:ネイマール(2013年)
8820万ユーロ(約115億円)
サントス→バルセロナ

■10位:ルメル・ルカク(2017年)
8470万ユーロ(約110億円)
エバートン→マンチェスター・U

■11位:ルイス・スアレス(2014年)
8172万ユーロ(約106億円)
リバプール→バルセロナ

■12位:フィルジル・ファン・ダイク(2018年)
7880万ユーロ(約102億円)
サウサンプトン→リバプール

■13位:ジネディーヌ・ジダン(2001年)
7750万ユーロ(約101億円)
ユベントス→R・マドリー

■14位タイ:ナビ・ケイタ(2017年)
7500万ユーロ(約98億円)
RBライプツィヒ→リバプール
※2017年夏に交渉が成立し、実際の移籍は2018年夏

■14位タイ:アンヘル・ディ・マリア(2014年)
7500万ユーロ(約98億円)
R・マドリー→マンチェスター・U

■14位タイ:ハメス・ロドリゲス(2014年)
7500万ユーロ(約98億円)
モナコ→R・マドリー

■17位:ケビン・デ・ブルイネ(2015年)
7400万ユーロ(約96億円)
ヴィルフスブルク→マンチェスター・C

■18位:ズラタン・イブラヒモビッチ(2009年)
6950万ユーロ(約90億円)
インテル→バルセロナ

■19位:ジエゴ・コスタ(2018年)
6600万円(約85億円)
チェルシー→A・マドリー
※17年9月27日に交渉成立。選手登録は2018年から

■20位:カカ(2009年)
6500万ユーロ(約84億円)
ミラン→R・マドリー



関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[訃報] 星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳 はてなブックマーク - [訃報] 星野仙一氏死去 がん闘病…「燃える男」「闘将」突然すぎる70歳

001
 楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。70歳だった。死因は明らかになっていない。現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。17年に野球殿堂入り。「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去った。
 突然の訃報だった。星野氏が息をひきとったのは4日。球界関係者によると「がんで闘病していた」という。昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていた。昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやってて良かった。野球と恋愛して良かった。もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。
 相手が強ければ強いほど、「燃える男」。現役時代のキャッチフレーズだった。その原動力が「打倒・巨人」。ドラフトでふられ、憧れの球団は「生涯のライバル」に変わった。中日のエースとして闘争心をむき出しにして投げ、巨人戦は歴代6位タイの35勝で通算146勝を挙げた。沢村賞を受賞した74年にはV10を阻止して優勝したが「日本シリーズは邪魔。俺は巨人を倒したからいいんだ」と言い切ったほど、巨人を倒すことに執念を燃やした。「強い巨人に勝ちたいんや」。その思いは引退後も変わることはなかった。
 監督時代は「闘将」と呼ばれ、代名詞は鉄拳制裁だった。「非情と愛情の2つを併せ持つことが大事」という持論を持ち、闘う集団につくり上げた。中日で2度のリーグ優勝。

002

97年には扶沙子夫人(享年51)を白血病で亡くしたが、グラウンドで戦い続けた。「俺は弱いチームを強くすることが好きなんだ。それが、男のロマンやないか」。反骨心の塊のような男。02年に低迷していた阪神の指揮を執り、翌03年に18年ぶりのリーグ優勝に導く。楽天監督時代の13年には日本シリーズで宿敵の巨人を破り、4度目の挑戦で初めて日本一監督となった。
 14年にユニホームを脱ぎ、15年に球団副会長に就任。ONとともに球界への影響力は大きく、星野氏も「野球への恩返しの意味でも自分の思いや考えを若い人につないでいきたい」と語り、野球の普及活動に尽力していた。恋に恋した野球。しかし、楽しみにしていた20年東京五輪を前に帰らぬ人となった。あの笑顔はもう見れない。あの怒鳴り声ももう聞けない。
via http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180105s00001173448000c.html

・星野仙一さん死去、70歳 中日・阪神・楽天を率いた「闘将」逝く
プロ野球・楽天イーグルスの元監督で同球団副会長の星野仙一さんが1月4日、死去した。70歳だった。
星野さんは1947年、岡山・倉敷市出身。倉敷商高を経て、1968年に明大からドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。投手として通算500試合に登板し、エースとして活躍。通算146勝121敗34セーブを誇った。
プロ入り時のドラフトをめぐる因縁から「打倒巨人」を掲げ、ピッチングでは闘志を剥き出しに。その姿から「燃える男」と呼ばれた。
1982年に引退後、NHKで野球解説を務めた。その後、中日・阪神・楽天の監督を歴任。感情を剥き出して指揮をとる姿から「闘将」の異名をとった。
1988年、生え抜きの監督として中日でリーグ優勝。 2002年には当時低迷していた阪神の監督に就任。「勝ちたいんや!!」をキャッチフレーズに、就任2年目(2003年)で阪神を18年ぶりのリーグ優勝へと導いた。

55630d7c

2008年の北京オリンピックでは日本代表の監督も務めた。この時は金メダルを目標に掲げるも、4位に終わった。

■楽天監督として「日本一」に 被災地を鼓舞
2010年、63歳で楽天の監督に就任。その翌年に「東日本大震災」が発生。被災地の球団監督としてチームを率いた。
就任3年目の2013年、エースの田中将大投手を擁して「日本シリーズ」を制覇。東北の被災地を勇気づけるとともに、自身初の「日本一」に輝いた。

003

2014年、星野さんは楽天監督を退任。成績低迷もあったが、国指定の難病(胸椎の「黄色靱帯骨化症」)を患った影響もあった。
「中途半端に4位、5位じゃ面白くない。思い切って最下位からみなさんを喜ばせよう。そんな選手になってもらいたかった」
「ようやく、スタンドのみなさんからも激しいヤジが飛び出しました。私はこれが一番うれしい。やはりみなさんが選手を育てる。チームを強くする。その責任はみなさんにもありますよ。そういう思いで、選手を見つめてやってください」
「イーグルスの監督になって本当によかった。最高に幸せな野球人生を送らせていただきました」
(2014年10月7日、退任セレモニーで)

​​​​​​​この言葉を残し、背番号77はグラウンドを去った。
監督として通算1181勝を記録し、4度のリーグ優勝を果たした。セ・パ両リーグを制した史上6人目の監督だった。
楽天の監督退任後は同球団の副会長に就任。チームの戦力補強に尽力した。

■「鉄拳制裁」「乱闘男」のイメージもあったが...
プライベートでは、22歳のとき妻・扶沙子さんと結婚。2人の娘に恵まれた。扶沙子さんは1997年に白血病で死去。その後、星野さんは独身のままグラウンドで戦い続けた。
気性の激しさから「鉄拳制裁」が代名詞に。「乱闘好きな男」といったイメージもあった。監督でありながら、審判への「暴言」で退場処分を受けたたこともあった。
一方で、情に厚い一面もあったという。朝日新聞(2001年12月08日朝刊)は「選手の妻の誕生日には、亡くなった夫人を通じて花束を贈ったこともある。退団者の再就職先探しに骨を折ることもたびたび」と、その人柄を伝えている。
via http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/hoshino_a_23325318/

・星野仙一:Wikipedia

・星野仙一さん、すい臓がんと闘う 楽天が発表「息を引き取る直前まで『コーチ会議に出られるかな』と言っておりました」      http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/hoshino-senichi-rakuten_a_23325551/

・マー君もショック‥星野仙一さん訃報に各界から追悼の声
  https://matome.naver.jp/odai/2151520710735066001

・プロ野球から芸能界まで‥星野仙一さん訃報に悲しみの声が止まない
 https://matome.naver.jp/odai/2151525372668213801

・追悼。闘将・星野仙一氏の鉄拳と人情と再建手腕。「この男をつまみ出せ!」
 https://thepage.jp/detail/20180107-00000002-wordleafs
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[アニメ] 映画『君の名は。』分かりやすい時系列表 はてなブックマーク - [アニメ] 映画『君の名は。』分かりやすい時系列表

DSnlZ7aVMAAgho_



DSnteZoVwAAYDLN.jpg_orig


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| アニメ | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

羽生善治、井山裕太氏に国民栄誉賞 はてなブックマーク - 羽生善治、井山裕太氏に国民栄誉賞

WS001
 政府は5日、将棋で史上初の永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初めて2度の7冠独占を果たした井山裕太氏(28)に国民栄誉賞を授与することを正式に決めた。菅義偉官房長官が閣議に報告した。棋士の受賞は初めて。授与式は2月13日に首相官邸で行われる。
 決定を受け、羽生氏は東京都内で記者会見し、「大変名誉ある賞をいただき、棋士として一層精進していかなくてはいけないという思いだ」と表明。大阪市内で会見した井山氏は「少しでも成長し、いい戦いをしていけるよう向上心は失わずにいきたい」と強調した。
 羽生氏は昨年12月5日、新タイトル「叡王」を除く7大タイトル全ての永世称号を獲得し、史上初の永世7冠を達成。井山氏は同10月、名人位を奪還し、2度目の7冠独占を成し遂げた。
 安倍晋三首相は閣議後の政府・与党連絡会議で「両氏は歴史に刻まれる偉業を達成し、国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と功績をたたえ、「今後ますます活躍されることを期待したい」と語った。
 国民栄誉賞は1977年創設。過去にスポーツや芸能の分野で23人と1団体が受賞している。[2018.01.05]
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010500563&g=soc

 安倍晋三首相は5日、将棋で永世七冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で七冠独占を2回なし遂げた井山裕太氏(28)に、国民栄誉賞を授与することを正式に決めた。それぞれ将棋、囲碁界で初めての快挙で、実績を高く評価した。菅義偉官房長官が5日の閣議に報告した。2月13日に表彰式を実施する。
 首相は5日昼の政府与党連絡会議で、両氏に国民栄誉賞を授与する理由を「歴史に刻まれる偉業を達成した。今後ますますの活躍を期待したい」と説明した。菅氏は記者会見で両氏に関して「多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と述べた。
 羽生氏は埼玉県所沢市出身。15歳だった1985年、史上3人目の中学生棋士としてプロ入り。19歳で初タイトルの竜王を獲得し、96年には史上初の七冠同時制覇を達成した。2017年12月には通算7期目となる竜王のタイトルを獲得し「永世竜王」の資格を得て、永世規定のある7タイトルすべてで永世称号を獲得し、史上初の「永世七冠」を達成した。
 井山氏は大阪府東大阪市出身。02年に12歳でプロ入りし、09年に史上最年少の20歳4カ月で名人を獲得した。16年には囲碁で史上初となる七冠独占を達成した。その後、いったん名人位を失ったものの、17年10月に再び奪還し、七冠に返り咲いた。
 これまで国民栄誉賞は個人としては23人が受賞している。
via https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25352510V00C18A1CR0000/

9

・羽生善治:Wikipedia
・井山裕太:Wikipedia

・国民栄誉賞について -:内閣府
 http://www.cao.go.jp/others/jinji/kokumineiyosho/
・国民栄誉賞:Wikipedia

DRzRWeOUQAEmrq_

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[CM] au 「笑おう」(2018~) はてなブックマーク - [CM] au 「笑おう」(2018~)

◆「笑おう」篇


◆「鬼の親子」篇


◆「入学式」篇


◆「生徒会長」篇
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| CM | 04:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |