FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

2018年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[CM] 新垣結衣-明治 メルティーキッス「雪原のピアノ」 はてなブックマーク - [CM] 新垣結衣-明治 メルティーキッス「雪原のピアノ」

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| CM | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知られざるモドリッチの幼少時代。小さな巨人はいかにして生まれたのか? その背景にある“故郷” はてなブックマーク - 知られざるモドリッチの幼少時代。小さな巨人はいかにして生まれたのか? その背景にある“故郷”

i-img286x286-1531594670gqwbe5391528
■世界有数の才能の宝庫だったモドリッチが生まれた地
 技術の巨人と呼ばれるトニー・クーコッチ(クロアチアのスプリト出身でNBAでも活躍したバスケの世界的名手/編注)の恍惚感を得られるあり得ないアシスト。おそらくは、これまでハンドボールコートを踏んできた中で最たる天才だった、イヴァノ・バリッチ(ハンドボールで世界最高の選手と謳われた/編注)の手首のひねりの凶悪さ。
 ブランカ・ヴラシッチ(女子走高跳の元世界女王で北京五輪で銀、リオ五輪で銅メダル。クロアチア代表FWニコラ・ヴラシッチは弟/編注)の2メートルのバーを悠々超える高跳び。もしかすると最強のスポーツ食人鬼で、欧州のバスケットコートのゴールを決して傷ませることがなかったドラジェン・ペトロヴィッチ(バスケの伝説的名手/編注)が有する勝者の気質。
 ゴラン・イヴァニシェヴィッチ(クロアチア・スプリト出身の男子プロテニス選手としてウィンブルドン初優勝/編注)の天空をかすめるラケットの反発から繰り出されるサーブ。ピッチを踏むときには流れを決定づけたインテリ、ズヴォニミール・ボバン(ACミラン黄金期を支えた元クロアチア代表の名手/編注)の表現力に豊んだ多才性……。
 そのすべての技術、身体能力、精神はダルマチアという、1平方メートルにおける才能の取れ高が、おそらく最も多い地域で鍛え上げられた。

20181019_map

■ダルマチアが数多くの才能を輩出する背景
 今日ではザダール、シベニク=クニン、スプリト=ダルマチア、ドゥブロヴニク=ネレトヴァと行政的に4つの郡に分けられているこの古代ローマの旧地域は、地理的、歴史的な豊かさを享受している。そこはアドリア海の大部分やディナル・アルプス山脈の威容を抱え込むことで美しきコントラストを誇り、その位置的な恩恵によって、何世紀にもわたり多くの文明に飛び地を促したと推定される。
 この地域で生まれたチャンピオンたちを一覧で振り返るとすれば、衝撃を受けることになるだろう。そして、ここからクロアチアの北へと向かって100キロ範囲を拡大すれば、同国トップレベルのスポーツマンの大多数を含められるのだ。
 1985年9月9日、ラドイカとスティペのモドリッチ夫妻はここダルマチアで、3人の子供の一人であり、唯一の男の子となるルカを授かっている。その時代のクロアチアはまだ、元帥ヨシップ・ブロズ、通称チトーのユーゴスラビア社会主義連邦共和国に属していた。第二次世界大戦後に築かれ、1992年1月15日にスロベニア、そしてクロアチアの独立でもって終焉を迎えた彼の国である。
 地理上のダルマチアは、今日そこを訪れる人々にとっては魅力的であり、一方その土地に住む人々の生活環境としては、歴史的に複雑な場所である。山脈と島々と岩々は住民に環境に馴染むための並々ならぬ苦労を強い、そこに民族の混在も結びつくと、時間の経過の中で感嘆すべき遺伝子が育まれた。近年の欧州において、スポーツ分野での才能を数多く輩出する地域となっている。
 イリュリア人、ギリシア人、ローマ人、フランク人、ビザンティン人、オスマン・トルコ人、ヴェネチア人、オーストリア人、イタリア人やほかの住民が、彼らの後継ぎたちにクロアチア国内のそのほかの地域、また言わずもがな国外で羨望と願望の的となる遺伝子構造を授け、そしてその遺伝子の進化は単純な自然選択に委ねられた。

■世界で最も長身な地域で稀有な男
 困難な状況の中で何とか生き延びようと、過去に多くのクロアチア人が移住してきたダルマチア。その場所が20世紀という時代に寄りすがる道具としたのは、スポーツだった。道を歩けば2メートル近い男性や、1メートル80センチを優に超える女性とすれ違うのは当たり前。その輩出先は明確だった。
 バスケットボール、ハンドボール、バレーボールが、逆境を撥ね除けるための精神的有機体として栄養を得たのである。不可欠な挑戦を達成するための気骨、野心で味付けされた勝者の複合集団は、道を塞ぐ障害や、ダルマチアの地形を乗り越えていった。そして、もちろんフットボールも。
 それは跳躍したり力持ちだったりする巨人たちの体格がハンディキャップにもなるスポーツだが、21世紀初頭のダルマチアの象徴の一人が、固定観念や壁を次々に打ち破っていった。
 174センチ、65キロと、世界で最も長身な人々が住む地域においては非常に稀有な男が、この現代フットボールで長距離を駆け抜ける偉大なミッドフィルダーになった。彼こそが、ルカ・モドリッチ。枯れることなく才能が湧き出る、ダルマチアの子の一人だ。
 単なる偶然だと非難したり、さらには冗談半分に秘教的な理論を持ち出したりする人々を欠くことはない。しかし、この世界にある苗床など、ほんのわずかだということに疑いの余地はない。少なくとも陸上選手だけでなく、個人や集団の多種多様なスポーツで、世界的スターが芽を出すだけの土壌は希少だ。
 確実に観光地化していくアドリアの海岸と、この地域のイリュリア人を長きにわたってローマ人の侵攻から守ったディナル・アルプス山脈が生みだした地理的に絶妙な混じり合い。そこに民族の混在が結びつくと、それは何百年も続くことになる完璧な組み合わせとなった。今のように生きることが容易でないときにも、世界を席巻するための才能、生得を磨いていける組み合わせに。この地球上でわずかにある、もしくはほとんどない素晴らしい、驚くべき現象が、戦争と競技場と、昔からずっと戦いの中にあった土地で生じたのだった。

■驚異的な粘り強さを育むダルマチアの精神的な源とは?
 前述したドラジェンの兄弟でありバスケットボール界のもう一人の伝説アッツォ・ペトロヴィッチの言葉によれば、ダルマチアの人々は「戦をするためのたくましい人間」であるという。人生が戦へ導くとき、もしくはスポーツに取り組むときに才能が現出し、勝利をつかませるのだと。
 遺伝、風土、食事、地理、精神。史上最高の高跳び選手の一人であるブランカ・ヴラシッチは、ダルマチアの人々の精神を成り立たせる要因〝X〞となる、ほかの言語に当てはめることが困難な言葉の存在を明かす。
「ダルマチアではそれをディシュペットと呼んでいるのだけれど、翻訳は簡単じゃない。自分たちが行なっていることから、さらに一歩を踏み出させるポジティブな強情さ、という類の言葉。私の頭の中にはいつもそれがあって、ダルマチア人精神の模範ゴラン・イヴァニシェヴィッチのように戦っているわ」
 驚異的な粘り強さを証明するのは、ヴラシッチ自身だ。彼女は高跳びよりも集団スポーツに好都合な環境の中、家族の助力もあって何もないところから五輪で2位にまで輝いたのだから。世界の準優勝者は、集団スポーツが優勢である理由にも言及している。
「ダルマチアの子供たちは、歩き始めたらボールをプレゼントされる。大抵はフットボールのものだけれど、何かしらのボールをね」
 こうした要因に、スポーツを簡単に実践させることのできるシステムが結びつくと、時間の経過とともに感嘆すべき多種多様なスポーツ資源が生まれることになった。

■「スポーツへの投資が結果をもたらしたんだ」
 社会主義のユーゴスラビアでは、若者たちに多くの競技を実践させていた。欧州バスケットボールの歴史において、おそらく史上最高のチームであったユーゴプラスティカ・スプリトの伝説的センター、ジャン・タバックは、あの社会ではどのようなスポーツにも取り組めたことを、まるで昨日のように思い出す。
「小さい頃には水泳、水球、セーリング、バレーボール、バスケットボールを実践した。自分がどこの誰で、どこから来たのかを質問する人は誰もいなかった。そのすべてが政府から助成金を受けていたからね」
 彼が14歳の頃、地元のハンドボールチームが解散することになり、そのために従兄弟からユーゴプラスティカでの挑戦に臨むよう説得された。そのユーゴプラスティカには彼を含めて、比類のない才能が集結した。禁欲的かつほぼ軍隊的で、強い精神を持つ者しか生き残れない労働体制の中、皆の記憶に残るグループがつくり上げられていった。
 純然たる進化論と銘打ってもいい月日の中で、練習方法も進化を果たした。「イタリアやアメリカでの日々で、技術やフィジカルに関する練習方法の改革を目の当たりにした。しかし自分の国では15年前から行っていたことだった。スポーツへの投資が結果をもたらしたんだ」、タバックが断言する。

■古のダルマチアから道を切り開く
 とどのつまり、ダルマチアの住民は厳格さと勇敢さを混ぜ合わせた、とても興味深い遺伝子の持ち主であり、その人生では自らを犠牲にして、厳しい姿勢で働くことを厭わない。そのために高レベルのアスリートたちが生まれる果樹園となったわけである。
 ダルマチア最大の都市スプリトでは、クーコッチ、ヴラシッチ、バリッチ、ディノ・ラジャが育った。シベニクの通りでは水球の伝説ペリツァ・ブキッチ、ペトロヴィッチ兄弟がチャンピオンとなることを夢に見て、晴れわたったドゥブロヴニクではクロアチア水球の大多数の選手たち、またアンテ・トミッチやマリオ・ヘゾニャらバスケットの価値ある選手たちが成長を遂げた。
 そしてザダールについては、特筆に値する。小さなモドリッチがスポーツマンとして歩み始めたその場所は、わずか7万5000人の人口から6人もの五輪メダリストを輩出したのである。
 欧州の選手で初めてFIBA殿堂入りを果たし、バスケットボール界のトップに君臨した伝説クレシミール・チョシッチを皮切りとして、ゾラン・プリモラッツ(卓球)や、イヴァン・ニンチェヴィッチ、ヴァルチッチ、ヨシップ&トンチ兄弟(いずれもハンドボール)が、それぞれのキャリアで栄光をつかんだのだった。
 この極まった困難とスポーツ文化の温床で、ルカ・モドリッチはその人生を歩み始めた。壮絶な逆境の中で、しかし壁を壊していく覚悟を持って。実際、フットボールの世界的スターとなるための壁は、決して少なくなかった。才能と意思の強さを持ち合わせる新たな模範的存在が、古のダルマチアから道を切り開いていったのである。
via https://www.footballchannel.jp/2018/10/19/post293667/


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[CM] KIRIN-サッカー日本代表応援40周年 『青くつづくパス』 はてなブックマーク - [CM] KIRIN-サッカー日本代表応援40周年 『青くつづくパス』

関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| CM | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[動画] 2018シーズン 大谷翔平ホームラン集 はてなブックマーク - [動画]  2018シーズン 大谷翔平ホームラン集

shohei-ohtani-incredible-home-run


※打率.285、326打数93安打22本塁打

・今季22本塁打の超詳細データから、打者・大谷翔平の弱点を探してみた。
 https://number.bunshun.jp/articles/-/832140
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「体育の日」名前なぜ変わる?「体育の日」名前の変遷 はてなブックマーク - 「体育の日」名前なぜ変わる?「体育の日」名前の変遷

20181007121928taiiku500
 10月第2月曜となる8日は「体育の日」。老若男女に定着した祝日名だが、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年から「スポーツの日」に改められる。取材をしていると、なぜ名前が変わるのか疑問を抱く人に出会う。歴史をひもときながら今の潮流を調べてみた。
 「体育の日」ができたのは1966年。その2年前の64年に開催された東京五輪の「輝かしい成果とその感激を記念し、これによつて体育の重要性について認識を深める意味で」(当時の文部省通知)、開会式の日だった10月10日を選んだ。
 運動会などの行事を通して体を動かすことを奨励し、長らくこの日に固定していた。2000年、政府が余暇の創出と消費拡大を狙って土・日曜と月曜を合わせて3連休にする「ハッピーマンデー」制度をつくると、体育の日は10月の第2月曜に移った。
 東京五輪の20年を見据えて祝日法が改正され、「体育の日」は「スポーツの日」と呼び名を変える。教育的な意味合いを思わせる“体育”より、楽しむという要素を感じさせる“スポーツ”へ、時代の流れに即したというべきだろう。
 20年に限っては東京五輪開会式の7月24日へ移す。さらに要人の出入国や交通量抑制などを理由に「海の日」(7月第3月曜)と「山の日」(8月11日)も五輪期間前後に組み込み、連休を増やすことが今年6月に決まった。
 「体育の日が祝日であることの意義がより薄れてしまわないか」。同志社大スポーツ健康科学部の横山勝彦教授(スポーツ政策)は疑問を呈する。64年の東京五輪を歴史に刻み、人々に体を動かそうと呼び掛ける祝日が、ハッピーマンデーによって単に3連休の一部として捉えられ、20年は五輪の円滑な運営のために便宜的にずらされた感が強い。
 実は、体育やスポーツを冠する日は以前から存在した。戦前の1924~32年は「全国体育デー」(11月3日)、戦後の58~61年は「国民体育デー」(58年は5月4日、以後3年間は5月第3日曜)。東京五輪を控えた61年から5年間の10月第1土曜は「スポーツの日」だった。
 横山教授は「日本では、スポーツと体育の区分があいまいなままやってきた」と指摘し、今回の改称は「簡単に言えばスポーツの産業化」と明快に分析する。スポーツを経済成長の一翼にしたい政府の思惑が見て取れる。
via https://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20181007000046/


関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 生活 | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |