FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

[テニス] 全豪オープン 大坂なおみが初優勝 世界ランキング1位へ はてなブックマーク - [テニス] 全豪オープン 大坂なおみが初優勝 世界ランキング1位へ




テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、女子シングルス決勝が行われ、第4シードの大坂なおみが第8シードのP・クヴィトバ(チェコ)を7-6 (7-2), 5-7, 6-4のフルセットで破り、日本勢男女を通じて初優勝を果たした。さらに28日に発表の世界ランキングで日本勢男女最高の1位が確定した。
決勝戦、大坂は序盤からクヴィトバにブレークチャンスを与えたが、ピンチを切り抜ける。第12ゲームでは2本のセットポイントを掴むも活かすことができず、タイブレークへ突入。
その後、左利きから繰り出すクヴィトバの鋭角なサービスに対してリターンエースを決めた大坂は主導権を握り、第1セットを先取。
第2セットに入ると第2ゲームでミスを重ねて先にブレークを許したが、直後の第3ゲームでは強烈なリターンからポイントを取りブレークバックに成功。
以降も大坂の勢いは加速し、第5ゲームでクヴィトバのサービスゲームを再び破り、第9ゲームでは3本のチャンピオンシップポイントを掴む。しかし、このゲームをサービスキープされると、サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップの第10ゲームではブレークバックを許す。そして大坂は失速し、セットカウント1-1に追いつかれる。
ファイナルセットは集中を取り戻した大坂が第3ゲームでブレークに成功。以降もリードを守って死闘を制し、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)から四大大会2大会連続優勝の快挙を成し遂げた。[2019.01.26]


via https://news.tennis365.net/news/today/201901/122391.html







オーストラリアで開かれているテニスの四大大会、全豪オープンは女子シングルスの決勝が行われ、大坂なおみ選手がチェコの選手にセットカウント2対1で勝って優勝を果たしました。大坂選手は、大会後の世界ランキングで、男女を通じてシングルスでアジア初の1位になることが確定しました。
世界ランキング4位の大坂選手は全豪オープンのシングルスで男女を通じて日本選手初の決勝進出を果たし、世界6位、チェコのペトラ・クビトバ選手と対戦しました。クビトバ選手は、左利きの選手で、強力なサーブを持ち味に、今月行われた全豪オープンの前哨戦で優勝し、今大会は6試合連続のストレート勝ちで決勝に進出していました。
大坂選手は第1セット、今シーズン初めて対戦する左利きの相手が繰り出す高速サーブに対応し、深いリターンでポイントを重ね、タイブレークの末、7-6で取りました。第2セットは互いのサービスゲームをブレークし合う展開となりましたが大坂選手が5-3とリードして第9ゲームではマッチポイントを握りました。
しかしここでクビトバ選手に5ポイントを連続で奪われてこのゲームを落とし、流れを失って、このセットを5-7で奪われました。



最終の第3セットで、大坂選手は相手を上回る精度の高いストロークでミスを誘い、再び流れを引き寄せて6-4で取りました。
大坂選手はセットカウント2対1で勝って優勝し、去年の全米オープンに続く四大大会2大会連続2回目の優勝を果たしました。



四大大会の連覇は2014年から15年にかけて4連覇した元世界女王、セリーナ・ウィリアムズ選手以来です。
大坂選手は大会後の世界ランキングで、男女を通じてシングルスでアジア初となる1位になることが確定しました。

■大坂 穏やかな笑みでスピーチ
大坂なおみ選手は表彰式で2014年大会のチャンピオンで中国の李娜さんから優勝カップを受け取りました。
大坂選手は、この後のスピーチで「皆さんこんにちは。人前でしゃべるのは苦手なのでなんとかスピーチを乗り切りたいです。まず、ペトラ、ずっと対戦したいと思っていました。あなたは大変なことを乗り越えて来ましたよね。あなたとあなたのチームにおめでとうと伝えたいです。四大大会の決勝で戦えたことを光栄に思います」と強盗に襲われて負った左手首のけがを乗り越えて復帰し、今大会の決勝で初めて対戦したペトラ・クビトバ選手に祝辞を送りました。
そして「ファンの皆さん、ずっと暑くて大変な中、応援に来てくれて感謝しています。暑い中、走り回ってくれたボールキッズの皆さん、ボランティアの皆さんにもありがとう。そして私のチーム、あなたたちがいなければ2週間を乗り越えられませんでした。チームとして皆さんといることにも感謝します。皆さん、とにかく本当にありがとうございました。この決勝でプレーできたことを光栄に思います」と時々、穏やかな笑みを浮かべながらスピーチしました。
大坂の父親「本当の強さを証明できた」
大坂選手の父親のレオナール・フランソワさんは、試合後、会場で「去年の全米オープンよりも、全豪オープンの優勝のほうがうれしいかもしれない。1回目の優勝の時はナオミの力をみんなが信じていなかったかもしれないけれど、2回目の四大大会優勝で本当の強さを証明できた」とうれしそうに話していました。

■大坂の祖父「よくやったといいたい。おめでとう」
大坂なおみ選手の祖父で、北海道根室市の大坂鉄夫さん(74)は試合のあと、根室市役所で会見し「うれしくて興奮している」と孫の快挙を喜びました。
鉄夫さんは大坂選手の試合を自宅でテレビ観戦していたということで「誇りに思える。うれしくて実感がわかない。ひとりでコートの上で戦ってよくやったといいたい。おめでとう」と笑顔を浮かべながら話していました。
そのうえで、「これからも自然体で頑張ってほしい」と今後のさらなる活躍に期待を寄せていました。
また、鉄夫さんが74歳の誕生日を迎えた今月23日の準々決勝の後、大坂選手がテレビの中継を通じて「おじいちゃん誕生日おめでとう」と祝福のメッセージを寄せたことについては「かわいいね。どのおじいちゃんでもそう感じると思うよ」とうれしそうに話していました。
鉄夫さんは、地元漁協の組合長も務めていて、「孫にどんなものをプレゼントしたいか」という質問に対しては、「最近はダイエットしていて以前より食べないんだけど、銀ガレイをおくろうかな」と話していました。

■各国メディアも速報
テニスの全豪オープンで大坂なおみ選手が初優勝したことについて、各国のメディアも速報で伝えました。
このうち、ロイター通信は、「アジアで初めてとなる世界ランキング1位の誕生だ」と速報しました。フランスのAFP通信は、「大坂選手がクビトバ選手を破り、世界ランキングで新たな1位になる」と伝えました。
AP通信は、「四大大会で、2回続けて優勝したのは、セリーナ・ウィリアムズ選手以来で、新たなスターの誕生だ」とたたえました。そして去年9月の全米オープンの決勝では、対戦したセリーナ・ウィリアムズ選手が審判に暴言を浴びせ、大きな論議を呼んだことに触れ、「今回はあの日のような混乱も論争もない。スポットライトは彼女だけのものだ」と伝えました。
アメリカCNNテレビの電子版は、大坂選手のプレーを振り返り、「大坂選手が第2セットを落としたとき、誰も彼女が優勝するとは思わなかっただろうが、その後、すばらしい回復力で次々とハードルを克服していった」と称賛したうえで、「今後、彼女はさらに優勝を重ねていくだろう」と伝えています。
また、イギリスの公共放送BBCは、大坂選手が第2セットをクビトバ選手に奪われたあと、再び、流れを引き寄せて勝利したことについて、「驚異的な巻き返しだ」と伝えたうえで、「すばらしい選手だ。世界トップへの長い長い道のりを極めて短い時間で達成した驚くべき21歳」とたたえました。
全豪オープンのツイッターの公式アカウントでは、「大坂選手はほんの1年前は世界ランキングで72位だったが今や1位に上りつめ、四大大会を2回制覇している」と紹介しています。
またWTA=女子テニス協会は、26人目のランキング1位となる大坂選手が2014年に初めてツアー大会に出場したときの様子や、去年9月の全米オープンで元世界女王のセリーナ・ウィリアムズ選手を破った試合などをホームページの特集記事で取り上げています。

■大坂なおみとは
大坂なおみ選手は21歳。ハイチ出身の父と日本人の母を持ち、大阪市で生まれ、3歳からアメリカに移り住みました。2013年にプロに転向し、身長1メートル80センチの体格を生かした時速200キロ近い高速サーブや力強いストロークなどパワーテニスが持ち味です。
女子ツアーに本格的に出場し始めた2016年、東京でのツアー大会で準優勝し、その年、女子ツアーで最優秀新人賞にあたる賞に日本女子で初めて選ばれるなど活躍が期待されてきました。
去年は飛躍の1年となり、3月には四大大会に次ぐ格付けの女子ツアーの大会で日本選手として初の優勝をつかみました。さらに四大大会では、全豪オープンで四大大会初のベスト16に入り、全米オープンでは日本選手として初めてシングルスでの優勝を果たしました。

■四大大会と日本選手
テニスの四大大会は全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、それに全米オープンの4つを指します。
四大大会のシングルスで、日本選手は戦前に活躍した時期があり、1918年、熊谷一弥さんが全米オープンでベスト4に入り1920年には清水善造さんがウィンブルドン選手権で1931年から1933年にかけては佐藤次郎さんが全仏オープン、全豪オープン、それにウィンブルドンで合わせて5回、ベスト4に進出しました。
このあと、日本選手がベスト4に届かない時期が続きましたが、1973年の全豪オープンで沢松和子さんが女子シングルスでベスト4入りすると、伊達公子さんが1994年の全豪オープン、1995年の全仏オープン、それに1996年のウィンブルドン選手権でベスト4に入りました。
このあと、錦織圭選手が2014年の全米オープンで日本選手として初めてシングルスの決勝に進出し、準優勝となりました。錦織選手は2016年と去年の全米オープンでもベスト4入りしました。
そして、去年の全米オープンで大坂選手が日本選手として初めて四大大会のシングルスで優勝しました。

■大坂の四大大会
大坂なおみ選手が四大大会の本戦に初めて出場したのは2016年の全豪オープンです。当時18歳だった大坂選手は予選から5試合を勝ち抜いて3回戦まで進み、元世界ランキング1位で、当時世界16位だったベラルーシのビクトリア・アザレンカ選手にストレートで敗れました。その年の全仏オープン、全米オープンでも3回戦まで進みましたが、翌年(2017年)の全豪オープンは2回戦で敗れ、全仏オープンは初戦で予選を勝ち上がってきた選手に敗れました。その後の大会でも3回戦を突破することができない時期が続きましたが、去年(2018年)の全豪オープンではシード選手を続けてストレートで破り自身初の四大大会4回戦進出を果たしました。そして四大大会最終戦、全米オープンでは、四大大会のシングルスで男女を通じて日本選手初となる優勝を果たし、今回の全豪オープンで、四大大会2大会連続2回目の優勝を果たしました。

■大坂の世界ランキング
大坂なおみ選手は2012年10月に世界ランキング1016位で登場。テニスの世界ランキングは過去52週の大会成績に応じて与えられるポイントで決まりますが、大坂選手は翌年、400位台にまで一気に順位を上げました。
その後も順調に順位を上げて2014年後半には200位台、15年には100位台につけるようになりました。
2016年4月に初めてふたけた台の順位となり、9月に東京で行われたツアー大会で準優勝すると、この年の終盤には50位以内に入りました。
2017年は50位前後にとどまって伸び悩みましたが、去年3月に四大大会に次ぐ格付けの大会で初めて優勝して順位を22位に上げると、9月には四大大会の全米オープンで優勝して、一気に7位となりました。
その後のツアー大会でも好成績を収めて10月には日本選手のシングルスとしてこれまで最高だった錦織圭選手と伊達公子さんに並ぶ4位となりました。

■大坂の生涯賞金10億円突破
テニスの全豪オープン、シングルスで男女を通じて日本選手初の決勝に進んだ大坂なおみ選手の生涯賞金が大会後の賞金を合わせて10億円を突破し、杉山愛さんを抜いて日本の女子選手で最多の生涯賞金となりました。
21歳の大坂選手は、昨シーズン、四大大会に次ぐ格付けのツアー大会で初のツアー優勝を果たし、さらに四大大会の全米オープンを制してそれまでの生涯賞金128万8573ドルを1年で大幅に上回る賞金額、639万4289ドルを獲得しました。
その後も賞金額は増え、大会前には768万2862ドル、日本円にして8億4000万円余りに達していましたが、全豪オープンで優勝したことで、日本円にしておよそ3億2000万円が加わり、生涯賞金はおよそ11億6000万円となりました。
大坂選手は、この大会でこれまで生涯賞金ランキング世界58位で日本女子で史上最多だった杉山愛さんの8億円9400万円余りを抜いて最多となりました。

■四大大会初優勝後の連覇 大坂が18年ぶり5人目
大坂なおみ選手が全豪オープンで優勝し、去年の全米オープンに続く四大大会連覇を成し遂げました。女子シングルスで四大大会初優勝の後、次の四大大会も制した選手は、2001年の全仏オープンで初優勝したアメリカのジェニファー・カプリアティさんが連覇を成し遂げて以来、18年ぶり5人目の快挙となります。
四大大会初優勝の後、連覇をした女子シングルスの選手は、プロ選手が参加できるようになって以降、1971年に全仏オープンとウィンブルドン選手権を制したオーストラリアのイボンヌ・グーラゴンさんが最初です。
その後は、いずれもアメリカの選手で1974年にクリス・エバートさんが、2000年にビーナス・ウィリアムズ選手が四大大会で初優勝からの連覇を達成しました。そして2001年にカプリアティ選手が全豪オープンと全仏オープンを制したのが最後で、合わせて4人の選手が四大大会初優勝後の連覇を成し遂げています。
四大大会の連覇は、2014年から15年にかけて4連覇するなど四大大会で歴代最多の23回の優勝を誇る元世界女王、セリーナ・ウィリアムズ選手が最後です。
ウィリアムズ選手は四大大会初優勝となった1999年の全米オープン後、最初の四大大会となった2000年の全豪オープンでは4回戦で敗退しています。

■第1セット獲得でツアー60連勝
テニスの全豪オープンの決勝で大坂なおみ選手は第1セットを奪った後、第2セットを落としたものの、第3セットを取ってセットカウント2対1で勝って優勝を果たしました。大坂選手は、2016年10月に中国で行われた大会でロシアの選手に第1セットを奪ってから逆転負けしましたが、その後、およそ2年3か月の間、第1セットを取った試合で、勝ち続け、26日の決勝でツアー60連勝となりました。

■日本テニス協会会長「心より敬意」
大坂なおみ選手が全豪オープンで優勝したことについて日本テニス協会の畔柳信雄会長は「日本テニス協会はもとより、日本のすべての国民が大変喜び、称賛しています。全米オープン優勝の時以上に周りからも研究されプレッシャーも大きい中での優勝は、本当にすばらしいことと心より敬意を表します」とコメントを発表しました。

■日本テニス協会強化本部長「心技体、頭脳が充実した証」
全豪オープンの会場で大坂なおみ選手の決勝を見守った日本テニス協会の土橋登志久強化本部長は「トータルで見て心技体、頭脳が充実した証だと思う。本当に見事というほかない。決勝は苦しい戦いだったが勝ちきった。そこにはオフの期間の努力もあったと思うし、すべてが集約された一戦だった。今大会、全体的に競った試合が多かったことが、決勝で生きたのかなと思う。世界ランキング1位になったことは日本のテニス界にとって歴史的な瞬間だが彼女は日本テニス界のみならず世界の女子テニスを引き上げていく、そういう選手になっていくのだろう」と話していました。
そして大坂選手が出場を目指す、東京オリンピックについても「彼女が金メダルを狙える位置にきたのは間違いない。本人もことあるごとにオリンピックを意識した発言をしている。四大大会とはまた違った大きな大会だが、四大大会同様に一発勝負のところもあり、そこに向けてどう取り組んでいくかが重要だ」と話していました。

■吉川コーチ「さらに進化を証明」
全豪オープンの会場で大坂なおみ選手の決勝を見守った日本テニス協会で大坂選手を担当する吉川真司コーチは、「去年の全米オープンからここまででさらに彼女が進化しているというのを証明できた大会だった。彼女が勝つために努力してきたことが形になって現れたと思う。チャレンジャーの立場で臨んだ全米オープンと違い、全員が彼女に向かってくる、プレッシャーの中でコートで戦う姿勢は見ていて感動した」と話しました。
そのうえで、オフシーズン、大坂選手が力を入れて取り組んだランニングについて触れ、「相手より動ける自信があることは、コート上の彼女にこれ以上ない自信を与えてくれたと思う。どの試合も彼女は走りきったし相手より動き続けていた」と話しました。
そして「大坂選手はいま、より高いレベルで、自分が苦しい場面でも勝つために何をすべきか考えられるようになっている。バジンコーチの指導が徐々に身についてきた結果だと思う」と話していました。
via https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190126/k10011792651000.html

・大坂なおみ 次の目標は「全仏OPで優勝すること」。全豪OP初Vと世界1位の偉業達成も気を引き締める

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)女子シングルスで日本人初の優勝を飾った大坂なおみ(日本/日清食品)。その大坂が、WOWOWのスタジオでインタビューに答え、次の目標は「『全仏オープン』で優勝すること」と語った。
2018年9月の「全米オープン」に続く、グランドスラム2大会連続優勝についての気持ちを聞かれた大坂は「信じられない気持ちでした。あと、とっても疲れていました」と語った。
第2セットでチャンピオンシップポイントを3本しのがれた場面については「マッチポイントを失ったけど、この現実と向き合わなきゃと思いました」と述べた。第3セットで握ったチャンピオンシップポイントは自身のサービスゲームだったねと聞かれると「自分がサーブするとき、40-0とリードしてから覆されたことはないから大丈夫と思っていました。とにかく目一杯自分の力を出そうと考えました」とも答えた。
そして次の目標については「次の目標は『全仏オープン』で優勝することです。どのトーナメントでも良いプレーをしたいと思っています」と、早くも次のグランドスラムに向けて気を引き締めている。
チームについては「この2週間はいろんなことがありましたからね。テニスだけに集中できるようにメンタルの面でとっても助けてもらいました。その助けがなければここまで来ることはできませんでした」と少し神妙な面持ちで語った。
この優勝で世界ランキング1位が確定した大坂。いつ実感が湧いたのかという質問には「難しい試合でしたからね。正直、この大会で勝つことだけに集中していました。世界ランキングについては考えていませんでした」と話した。
会場のファンからの応援について「ここに来るたびに地元のみなさんが応援してくれているのを感じます。アジア、パシフィックのグランドスラムだと、みなさん私を含め東洋人を応援してくれます」とコメントした。
最後に日本のファンに向けて日本語で「こんばんは。なんか、できた。ありがとうございます」と語った後、友人やおじいちゃんの名前を挙げ、両手の親指を立てて勝利のポーズを決めた。
早くも「全仏オープン」を勝ちたいと語った大坂。まずはゆっくりと休みを取り、続くハードコートの試合はもちろん、クレーコートシーズンでもその活躍に期待したい。
via https://www.thetennisdaily.jp/news/grandslam/australia/2019/0035246.php


◆準優勝のクビトバ、選手生命の危機を支えたチームに感謝「私のことを諦めなかった」


テニス4大大会・全豪オープン決勝戦が1月26日に開かれ、チェコのペトラ・クビトバ選手は準優勝となった。優勝した大坂なおみ選手との激闘を繰り広げた結果だった。
過去には選手生命の危機に晒されたこともあった。2016年12月、自宅で強盗に襲われ、利き手の左手に重傷を負ってしまったのだ。その後、神経を直す手術の末、2017年の全仏オープンで復帰を果たしている。

■「また戦えたなんて信じられません」
クビトバ選手は今回の試合後、準優勝のトロフィーを手に「クレイジーなことです。グランドスラムの決勝で、また戦えたなんて信じられません」と話し始めた。優勝した大阪選手に「ナオミ、おめでとうございます。良いプレーでした」とエールを送った。
チームを感謝を述べる場面で、かつての苦難を振り返って以下のように述べた。

And to my team, thank you for everything but mostly thank you for sticking with me even when we didn't know if I would be able to hold a racket again.
「チームの全てのことに感謝します。特に、私がまたラケットを持てるかどうか分からなかったときも、私のことを諦めなかったこと」

この直後、思いがあふれたのか。涙ぐんで言葉を詰まらせた。その後、気を取り直して感謝の言葉を続けた上で、「来年また会いましょう」と結んだ。



via https://www.huffingtonpost.jp/2019/01/26/kvitova-speaks_a_23653231/

・二重国籍の大坂なおみが日本登録で出場する理由とは
大坂なおみは北海道出身の母・環さんとハイチ出身の父フランソワさんとの間に大阪で生まれ、3歳で米国に移住した。二重国籍で、日本語は話す方が苦手。それでも、日本登録で出場し、「日本人」として初の快挙を成し遂げた。大坂が日本登録で出場する理由とは?
    ◇    ◇    ◇
大坂が準決勝を戦う前、1人の米国女性記者が「彼女は本当は米国人よ」と言ってきた。その記者は、昨年10月のツアー最終戦WTAファイナルの時にも、米国の元世界女王キング夫人に「なぜ大坂を日本に持って行かれたのか」とかみついていた。
3~4歳時、生まれた大阪から米国に移住した大坂は、日本の記憶はおぼろげだ。米フロリダ在住で言葉も英語の方が流ちょう。日米の二重国籍なため、米国記者が、米国を選んだ方がいいと思うのも当然かもしれない。ならば、なぜ大坂一家は、なおみをいまだに日本登録にしているのか。
13年9月の東レ・パンパシフィック大会の時だった。日本テニス協会の女子代表コーチだった吉川真司氏(40)は、日本登録で出場していた選手をくまなくチェックしていた。予選1回戦で敗れたが、1人の初めて見る選手に、目がくぎ付けになった。それが15歳の大坂だった。
「すごい才能だと思った」。すぐに当時の女子代表監督だった村上武資氏、植田実強化本部長に大坂の存在を報告。それ以来、日本に来たときは、味の素NTCで練習できるように取りはからうなど、地道な支援を続けてきた。吉川氏も代表コーチとして大会に派遣され、大坂が出場していれば必ずコンタクトを取り続けた。
大坂は米国テニス協会のジュニア大会に多く出場しているが、目立った成績は残していない。米国では完全に埋もれた存在だった。大坂一家は米国協会に支援を申し込んだが、大して取り合ってもらえなかったという。しかし大坂が16年全豪で予選を勝ち上がり本戦で3回戦に進むと、米国協会は強烈なアプローチを仕掛けてきた。
日米争奪戦の勃発だった。米国は女子代表監督が自ら乗り出し、多額の支援を約束したと伝えられる。だが大坂の父フランソワさんは、無名の時から娘を支援し続けた日本の恩義を尊重したという。だからこそ、いまでも大坂は日本で登録し続けるのだ。
吉川氏は「僕は代表コーチとして手助けしただけ。コーチはバイン氏」と遠慮する。確かに、あくまで大坂の専属コーチはバイン氏だ。彼の手腕が卓越した大坂の才能を開花させたことは間違いない。母環(たまき)さんが、日本の文化や料理を娘に伝え続けなければ、大坂自身が「私のメンタリティーは日本人に近い」と認識することもなかっただろう。ただ、吉川氏がいなければ、大坂が「日本人」として4大大会の優勝杯を掲げることがなかったのも事実だろう。

◆吉川真司(よしかわ・まさし)1978年(昭53)1月31日、京都市生まれ。父の影響で12歳でテニスを始める。亜大時代の00年全日本学生シングルスでベスト4。卒業後、実業団でプレー。07年に引退しコーチに転向し、12年から日本テニス協会の女子ナショナルコーチに就任した。協会公認S級エリートコーチ。
via https://www.nikkansports.com/sports/news/201901270000017.html

・記念撮影で正座‥大坂なおみ選手の謙虚な姿勢が素敵すぎる!
 https://matome.naver.jp/odai/2154852287578358001

・強盗襲撃からクビトバ準V。復活の世界2位に泣けてくる
 https://matome.naver.jp/odai/2154855437687037901
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定 はてなブックマーク - 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定


※右から芥川賞に選ばれた「ニムロッド」の上田岳弘さんと「1R1分34秒」の町屋良平さん、直木賞に選ばれた「宝島」の真藤順丈さん
 第160回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に上田岳弘さん(39)の「ニムロッド」(群像12月号)と町屋良平さん(35)の「1R1分34秒」(新潮11月号)、直木賞には真藤順丈さん(41)の「宝島」(講談社)が選ばれた。
 上田さんは候補3度目での受賞。IT企業を舞台に、ネット空間で仮想通貨の「採掘」を命じられた男性社員と、その恋人や小説家志望だった同僚との間に展開する内面の絡み合いを精緻な文体でつづった。選考委員の奥泉光さんは「人類的な世界観と日常的な出来事をつなげる手際の良さ」を高く評価した。
 町屋さんは前回に続く候補2度目での受賞。アルバイトで食いつなぎながらプロの道を歩むボクサーの自意識をたどる。負けが込む焦燥感や肉体的苦痛の描写を織り交ぜ、変わり者のトレーナーとの出会いが生む主人公の心の変化を描写。奥泉さんは「この作家にならだまされてもいいと思えるほどの言葉の力」をたたえた。
 初候補で受賞の真藤さんが7年かけて書き上げた「宝島」は第2次世界大戦後の沖縄が舞台。米軍の物資を略奪する伝説のヒーローの面影を追う少年少女3人の成長を描く。現実の事件も織り交ぜ、激動の沖縄史を壮大な叙事詩に仕立てた。
 選考委員の林真理子さんは「平成最後の直木賞にふさわしい作品。東京生まれ東京育ちの作者が、返還までの沖縄の歴史を突き抜けた明るさでポップに描いた」と絶賛した。[2019.01.16]
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011601104&g=soc

◆第160回芥川賞受賞作品】
■『ニムロッド』(上田岳弘/講談社)

【あらすじ】
仮想通貨をネット空間で「採掘」する僕・中本哲史。 中絶と離婚のトラウマを抱えた外資系証券会社勤務の恋人・田久保紀子。小説家への夢に挫折した同僚・ニムロッドこと荷室仁。やがて僕たちは、個であることをやめ、全能になって世界に溶ける。「すべては取り換え可能であった」という答えを残して――。新時代の仮想通貨小説!

【プロフィール】
上田岳弘●1979年、兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒業。2013年、「太陽」で第45回新潮新人賞受賞。2015年、「私の恋人」で第28回三島由紀夫賞受賞。2016年、「GRANTA」誌のBest of Young Japanese Novelistsに選出。2018年、『塔と重力』で平成29年度芸術選奨新人賞を受賞。著書に『太陽・惑星』『私の恋人』『異郷の友人』『塔と重力』(以上、新潮社)がある。

■『1R1分34秒』(町屋良平/新潮社)

【あらすじ】
なんでおまえはボクシングやってんの? 青春小説の新鋭が放つ渾身の一撃。デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていく――。
【プロフィール】
町屋良平●1983年生まれ。埼玉県立越ヶ谷高校卒。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。同年、同作を収録した『青が破れる』でデビュー。


◆【第160回直木賞受賞作品】
■『宝島』(真藤順丈/講談社)

【あらすじ】
英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩。
【プロフィール】
真藤順丈●1977年生まれ。2008年「地図男」で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞してデビュー。同年「庵堂三兄弟の聖職」で第15回日本ホラー小説大賞など、新人賞4賞をそれぞれ別の作品で受賞する。18年『宝島』で第9回山田風太郎賞を受賞。

■第160回芥川龍之介賞の全候補作はこの6作品
・上田岳弘『ニムロッド』(群像2月号)
・鴻池留衣『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(新潮9月号)
・砂川文次『戦場のレビヤタン』(文學界12月号)
・高山羽根子『居た場所』(文藝冬季号)
・古市憲寿『平成くん、さようなら』(文學界9月号)
・町屋良平『1R(いちらうんど)1分34秒』(新潮11月号)

■第160回直木三十五賞の全候補作はこの5作品
・今村翔吾『童(わらべ)の神』(角川春樹事務所)
・垣根涼介『信長の原理』(KADOKAWA)
・真藤順丈『宝島』(講談社)
・深緑野分『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)
・森見登美彦『熱帯』(文藝春秋)

関連記事
[タグ] 図書 芥川賞 直木賞
ブログパーツ アクセスランキング

| 図書 | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[訃報] 女優:市原悦子さん死去 82歳 はてなブックマーク - [訃報] 女優:市原悦子さん死去 82歳


多くの映画やテレビドラマに出演し、民放のテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」で、声優としても親しまれた俳優の市原悦子さんが、12日、心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。82歳でした。
市原悦子さんは千葉県出身で、昭和32年に俳優座に入団し、舞台や映画を中心に優れた演技力を発揮しました。
昭和46年に俳優座を退団してからは活躍の場を広げ、民放のテレビドラマ「家政婦は見た!」の主役の家政婦役で人気を集めると、平成2年には、広島の原爆の被害を描いた映画「黒い雨」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、俳優としての地位を確かなものにしました。
また、平成8年に放送されたNHKの大河ドラマ「秀吉」で豊臣秀吉の母、大政所を演じるなど、数多くのテレビドラマに出演しました。
一方、昭和50年からおよそ20年間にわたって放送された民放のテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」では、愛きょうのある独特の声がお茶の間に親しまれました。
市原さんは2年余り前、自己免疫性脊髄炎と診断され、休養していましたが、去年3月にNHKの番組「おやすみ日本」の中の昔話の語り手として復帰し、先月にも入院先の病院で収録を行っていました。
所属事務所によりますと、市原さんは、12日午後1時半すぎ、心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。
82歳でした。
市原さんの告別式は、今月18日に東京 港区の青山葬儀所で行われます。

■竹中直人さん「深い愛を持った声 耳に深く残る」
市原さんは、NHKの大河ドラマ「秀吉」で豊臣秀吉の母、大政所を演じました。
豊臣秀吉の役を演じた俳優の竹中直人さんは、市原さんが亡くなったことについて、「大河ドラマで市原悦子さんとぼくは母と息子の関係でした。一年間共にひとつの作品を作れた事は今もぼくの宝物です。市原さんの深い愛を持った声の音色はあの頃のぼくに勇気と力を与えてくれました。そして今もぼくの耳に深く残っています…ご冥福をお祈りいたします」と事務所を通じてコメントしています。

■新海誠監督「信じがたく とても残念」
市原さんは、人気アニメーション映画「君の名は。」で、ヒロインの祖母の声を演じていました。
新海誠監督は、市原さんが亡くなったことについて、ツイッターで「信じがたく、とても残念です。僕は『まんが日本昔ばなし』で育ちました。『君の名は。』の収録で初めて市原さんにお会いした瞬間、初めてセリフをいただけた時の感動、披露試写であたたかいお言葉を頂いた時、すべてつい昨日のようです」とコメントしています。

■「日本のお母さんのような人」
市原さんが亡くなったことについて、東京 渋谷では悼む声が聞かれました。
東京に住む58歳の男性は「温かい、日本のお母さんのような人でした。本当に大事な人を亡くして残念ですが、みんなの心の中に残っていると思う」と話していました。
東京の84歳の女性は「親しみがある俳優で、市原さんが出るテレビは安心して見ていた。私より少し若い方で、私が生きている間は楽しませてもらいたかった。残念です」と話していました。
横浜市の51歳の女性は「市原さんが声を担当していた『まんが日本昔ばなし』がすごい大好きで、ドラマなどでもよく見ていました。人として重みがある人がどんどん亡くなっていくのがさみしく思います」と話していました。[2018.01.13]
via https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190113/k10011776901000.html

 テレビドラマ「家政婦は見た!」などで知られる女優の市原悦子(いちはら・えつこ、本名塩見悦子=しおみ・えつこ)さんが12日午後1時31分、心不全のため死去した。82歳だった。千葉県出身。葬儀は18日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。葬儀委員長は所属事務所のワンダー・プロダクション社長熊野勝弘(くまの・かつひろ)氏。
 1957年俳優座入団。児童劇でデビュー後、同劇団の舞台で頭角を現した。退団後は夫で演出家の塩見哲さんと番衆プロを設立。ドラマや映画、演劇などで幅広く活躍した。75年に始まったテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」では、登場人物の声を俳優の常田富士男さんと2人ですべて演じ、独特の語り口で親しまれた。2時間ドラマ「家政婦は見た!」(テレビ朝日系)では他人の家の秘密を暴く主人公をコミカルに演じ、25年にわたって放送が続く人気シリーズとなった。
 映画「黒い雨」で90年、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。
 2017年1月に病気のため一時休業を発表。昨年3月からはNHK番組の朗読の仕事を続けながら療養していた。
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011300374&g=soc

・俳優の市原悦子さん死去…突然の訃報に悲しみの声が広がっている
 https://matome.naver.jp/odai/2154737293980539401

・市原悦子:Wikipedia
関連記事
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[CM] au「一緒にいこう」篇 (2019) はてなブックマーク - [CM] au「一緒にいこう」篇 (2019)

関連記事
[タグ] CM au 2019
ブログパーツ アクセスランキング

| CM | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |