FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台湾発の高校球児ストーリー『KANO』、映画予告編だけで「泣ける!」と評判に はてなブックマーク - 台湾発の高校球児ストーリー『KANO』、映画予告編だけで「泣ける!」と評判に

0b98025f[1]
 2014年1月31日、台湾映画「KANO」の最新トレイラーがこのほど、動画共有サイトで公開された。「6分間だけで泣ける」とネット上で評判になっている。蘋果日報(アップルデイリー)が伝えた。
1930年代、日本統治下の台湾から甲子園大会に出場し、決勝戦まで快進撃した嘉義農林高校(現・国立嘉義大学)の球児たちを描く。タイトルの 「KANO」とは、学校の略称「嘉農(かのう)」を指している。球児たちを指導した日本人監督・近藤兵太郎を永瀬正敏が、さらに大沢たかおや坂井真紀な ど、日本からも豪華な顔ぶれが出演している。
今月28日、映画のストーリーを追う最新トレイラーが、動画共有サイトのユーチューブ上で公開された。28日だけでページビューは8万回を突破。 閲覧した人の感想は「感動」の一色で、「6分間だけで泣けた」「『6分間?長すぎ!』と思いつつ何となく見たら、結局ずっと泣いてた」「思わず鳥肌が立っ た!」などのメッセージが記されている。
2008年に台湾映画で歴代トップの興業成績を記録した「海角七号 君想う、国境の南」のウェイ・ダーション(魏徳聖)監督がプロデュースを務める。ウェイ監督によると、「海角七号」の記録更新が目標だという。台湾では今 月27日に公開予定。日本では来月7日に開幕する第9回大阪アジアン映画祭のオープニングフィルムに決定している。
via http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82712&type=



・【感動野球ヒストリー】日本人も知らなかった! 戦前の甲子園台湾の高校が準優勝していた / 当時の日本に感動を起こした「嘉義農林学校(KANO)」
 高校球児の夢であり目標である高校野球選手権大会こと「甲子園」。毎年、数々のドラマを見せてくれる夏の甲子園は2014年で96回を数える。
 そんな歴史ある大会のうち83年前に行われた1931年の第17回大会が注目されている。なんとこの大会、台湾の高校が甲子園に出場、しかも初出場にも関わらず次々と強豪を倒し決勝にまで進んでいたのである。その学校の名前は「嘉義農林学校(かぎのうりんがっこう)」。通称「嘉農(KANO)」だ。
via http://rocketnews24.com/2014/02/05/410655/
関連記事
スポンサーサイト



[タグ] 映画 台湾 甲子園
ブログパーツ アクセスランキング

| 映画 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oimoko0114.blog.fc2.com/tb.php/102-30e515a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT