FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桂歌丸、『笑点』司会を引退、放送終了直後に号泣「正直言ってさみしい」 はてなブックマーク - 桂歌丸、『笑点』司会を引退、放送終了直後に号泣「正直言ってさみしい」

Untitled
 落語家の桂歌丸(79)が22日、日本テレビ系『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』生放送後の記者会見に出席。番組中はつとめて明るく振る舞い「涙は似合わないから、笑って…」と呼びかけていた歌丸だったが、放送を終えて観客へとあいさつする際に号泣していたことを明かした。
 1966年5月15日の初回放送から丸50年間、同番組に出演してきた歌丸は「この50年、面白いこと、悲しいこと、悔しいこと…いろんなことがありました。(放送が終わった後)そんな思いが、ごっちゃになって出てきて、涙腺が狂っちゃいました。やっぱり、別れっていうものを考えるとツラいものですね」としみじみ。
 きょうの生放送をもって大喜利司会を勇退し、今後も終身名誉司会者として番組にたずさわっていくことになっているが、「自分で言っておいて、だらしがないんですけど、お客様にごあいさつした時に堰(せき)が切れてしまいました。50年歩んできた『笑点』とお別れすることは正直いってさみしいことですけど、次を譲らなかったら番組が続かないと思いますので…」と笑顔を見せた。
 同番組への思いを聞かれると、「噺家にとって、大きな大きな番組。私たちが世にでるきっかけを作ってくれて、顔と名前を売ってくれた。なので、私は恩人だと思っています」と感謝。後任の司会を担当する春風亭昇太(56)に対しては「100%お任せです。明るさと若さで番組を引っ張ってほしい」と温かいエールを送っていた。
 会見にはそのほか、林家木久扇(78)、三遊亭好楽(69)、三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(6代目)(66)、林家たい平(51)、山田隆夫(59)も出席した。昇太司会第1弾は29日に生放送され、その場で新メンバーもお披露目となる。
■『笑点』司会者と担当時期
初代:立川談志 1966年5月~69年11月
2代目:前田武彦 1969年11月~70年12月
3代目:三波伸介 1970年12月~82年12月
4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月~2006年5月
5代目:桂歌丸 2006年5月~2016年5月
6代目:春風亭昇太 2016年5月~

via http://www.oricon.co.jp/news/2072078/full/

・歌丸師匠、お疲れ様でした! 笑点の司会を引退、後任も発表
 http://grapee.jp/179701

・『笑点』卒業の桂歌丸が語った戦争への危機感…落語を禁止され、国策落語をつくらされた落語界の暗い過去
 http://lite-ra.com/2016/05/post-2267.html

◇【芸歴65年】桂歌丸師匠の名言集 すべての言葉が胸に染みわたる【13選】
■人生について
・修業は一生涯に及びます。ですから、辛抱もまた一生涯ということです。

・人を泣かせることと人を怒らせること、これはすごく簡単ですよ。人を笑わせること、これはいっちばん難しいや。

・どうしたら話がうまくなるのか。逆説的ですが、人の話を聞くことです。
人の話を理解しようと努めれば、自分にない人の性質や発言の真意を想像するでしょう。ひいては聞き上手が話し上手になるんです。

・その道が広くなるか狭くなるか。平らな道かデコボコ道か。それは自分の歩き方次第。
ことによると、途中で土砂崩れにあうかもしれません。でも、わたしにはこの道しかないんです。

・ニ十歳を過ぎた人間にモノを教えることは何もない。ニ十歳を過ぎた人間は大人だ。ニ十歳を過ぎたら自分で気づくよりほかない。

・褒める人間は敵と思え。教えてくれる人、注意してくれる人は味方と思え。

・若い時に苦労をしろ。何年か先に振り替えった時、その苦労を笑い話にできるように努力するんだ。

・ある種、いい加減にやることは必要。いい加減は「良い加減」ですからね。

■落語について
・ブームっていうのは必ず落ちる時がきますからね。ブームの時に責任を持たなきゃいけないのは、我々噺家です。
上がっていくときは簡単ですが、落ちかけた時いかに長く水平に保ち続けられるか。落語を残すのも噺家の責任、落語のお客様を残すのも噺家の責任なんです。

・薄情な人間には薄情な落語しかできない。人情味のある人だから、人情味のある芸ができる。まさに「芸は人なり」なんです。

・とにかく陽気な噺でお客さんを笑わせるのが一番だと。そういう素直な気持ちになると、不思議と受けるんですね。

・いろんな人に言われます。70を過ぎてまで、どうして苦労して新しい噺を覚えるのかって。
そりゃあ覚えも悪くなっていくし、挑戦し続けるのはしんどい。でも、最期に目をつむった時に楽な気持ちでありたいんです。「ああ、あの噺もできたのに」なんて後悔しても遅いでしょ。

・私たち落語家は、噺でお客さんに楽しんでもらう商売です。
肝心なのは、お客さんの頭の中に情景を浮かばせること。欲を言えば、その情景に色をつけて届けたい。


■2016年5月22日放送の笑点をもって、同番組の5代目司会を卒業した歌丸師匠。これからについて聞かれると、笑顔でこうコメントしました。
・まだまだ覚えたい話もあるし、落語を引退する気はない。
80歳になったらもっと勉強を始めようと思う。笑点のメンバーが上納金をくれるみたいだしね(笑)

via http://grapee.jp/183451
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 04:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oimoko0114.blog.fc2.com/tb.php/1188-9b859158

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT