FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[フィギュア] 羽生結弦、フリー世界最高得点で世界王座奪回!SP5位から大逆転 はてなブックマーク - [フィギュア] 羽生結弦、フリー世界最高得点で世界王座奪回!SP5位から大逆転

WS001

170401_fig_hanyu_uno01
◆フィギュアスケート世界選手権 第4日 ▽男子フリー(1日、ヘルシンキ・ハートウォールアリーナ)
 男子フリー(FS)が行われ、羽生結弦(22)=ANA=は世界最高の223・20点を記録しトータル321・59で3季ぶりの王座奪回に成功した。 宇野昌磨(19)=中京大=は214・45点で、自身初のフリー200点超えを果たしたが、羽生を超えることはできなかった。 最終グループ1番手で登場した羽生は冒頭の4回転ループを完璧に決め、大歓声に包んだ。続く4回転サルコーも美しく決めた。3回転フリップ、4回転サルコーと3回転トウループの連続ジャンプ、4回転トウループと3回転半―2回転トウループ、3連続ジャンプ、3回転ルッツとジャンプはすべて決め、演技終盤から場内は大歓声。演技を終えた羽生は引き締まった表情の中に満足感を漂わせていた。 アナウンスされた得点は世界最高の223・20点。羽生は会心の表情で両拳を突き上げ、喜びを爆発させたさせた。[2017.04.01]
via http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170401-OHT1T50251.html

・羽生結弦、完璧な史上最大の逆転に「最高のご褒美」
 王者が大会史上に残る大逆転劇で強さを証明した。ショートプログラム(SP)5位の羽生結弦(22=ANA)が、フリーで自身の世界歴代最高を塗り替える223・20点をたたき出し、合計321・59点で3季ぶり、日本男子としては初となる2度目の優勝。上位4人が300点超のハイレベルな戦いを、今季初めて4度の4回転を成功させる完璧な演技で制し、18年平昌五輪の連覇へ弾みをつけた。
 羽生が史上最高の演技で10・66点差をひっくり返した。曲に合わせ「自分が風だったり、川の中にどぷんと入ったり」。まるで自然の中にいるように、演技に入り込んでいた。1つ目の4回転ループ、次の4回転サルコー。静まる会場に着氷音がシャッと響くたびに大歓声が後に続く。後に待つのは今季これまで5戦すべて失敗している4回転サルコー-3回転トーループの連続技。美しく2つをまとめ「鬼門」を突破すると、続く4回転トーループも成功。4回転ジャンプ4本すべてで2点以上の加点をもらい、今季初めてノーミス。滑り終えると、ドヤ顔で会場を見回した。
 昨季のGPファイナルで樹立した歴代最高の219・48点を自ら3・72点更新した。高難度の4回転ジャンプを跳ぶライバルがひしめく中、1番の敵は自分だった。「一番とらわれているのは過去の自分。やっぱり220(フリー)330(合計)110(SP)という数字にとらわれて、すごく怖くてここまでやってきた。何とか1点でも、0・5でも、0・1でも超えてくれ、と思っていました」。昨季の自分を超える得点と内容に「最高のごほうび」と喜びをかみしめた。
 幼いころ、戦隊もので好きなキャラクターは真ん中の赤いヒーロー。根っから負けず嫌いの羽生には、真ん中でなければ、すべて負けだった。カナダ・トロントにある練習拠点「クリケット・クラブ」の壁にある15、16年王者フェルナンデスのプレートを見る度、王者奪還を思い描いた。2位だった今年2月の4大陸選手権でも、表彰台1位にいるチェン(米国)を見つめ「うらやましい、勝ちたい」と悔しさを募らせた。SP5位からの優勝は世界選手権最大で、自身にとっても3年ぶりの逆転勝利。執念で3季ぶりの王者に返り咲いた。
 現在、チェンや宇野は羽生が出来ない難しいジャンプ、4回転ルッツや同フリップを軽々と跳ぶ。それでも、完璧にやれば勝てる自信が「ある」と言い切る。この日の技術点126・12点も歴代最高。質も含めた技術で、トップに君臨していることをあらためて証明した。「4回転4本の構成をやり遂げられたという自信」を胸に、いよいよ五輪連覇のシーズンへ向かう。
via http://www.nikkansports.com/sports/news/1801386.html

https://live-sports.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/7443


・世界歴代最高点3位までを独占…羽生結弦はやはり強かった
 https://matome.naver.jp/odai/2149105385263519601

・米メディアが羽生の世界選手権の逆転勝利と、その裏にあった葛藤を報道
 https://thepage.jp/detail/20170401-00000005-wordleafs

・Dazzling Free Skate Lifts Yuzuru Hanyu to World Title
 https://www.nytimes.com/2017/04/01/sports/dazzling-free-skate-lifts-yuzuru-hanyu-to-world-title.html

・羽生の世界最高得点の逆転優勝はなぜ生まれたのか?
 https://thepage.jp/detail/20170401-00000006-wordleafs

・最強のライバルついに撃破!羽生結弦(2017)が羽生結弦(2015)を打倒し、真・4回転時代のまだ見ぬ地平に到達の巻。
 http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/53227743.html

・羽生結弦の完璧を超えた完璧な演技に「神」「現実がアニメを超えた」と驚きの声
 https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/yuzuyuri?utm_term=.csAZ21145#.pekYqddZG


関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oimoko0114.blog.fc2.com/tb.php/1425-9b6e5ca0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT