FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリスティアーノ・ロナウドが2年連続5度目のバロンドール獲得! メッシに並び歴代最多タイ はてなブックマーク - クリスティアーノ・ロナウドが2年連続5度目のバロンドール獲得! メッシに並び歴代最多タイ

7c5e5bad
 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は7日、2017年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2年連続で選出された。
 クリスティアーノ・ロナウドは今年度のFIFA最優秀選手賞も獲得しており、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらのライバルをおさえて二冠を達成。FIFAバロンドール時代も含め、通算5度目のバロンドール獲得となったクリスティアーノ・ロナウドは受賞回数でメッシに並び、歴代最多タイとなった。
 クリスティアーノ・ロナウドがエースとして君臨するレアル・マドリードは2016年末にFIFAクラブワールドカップを獲得すると、2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラを制覇。チャンピオンズリーグでは連覇を達成した。今シーズンに入ってからも夏に行われたスーペルコパとUEFAスーパーカップを制し、レアル・マドリードに2017年、多くのトロフィーをもたらしている。また、国の戦いにおいてもポルトガル代表の主将として2018年のロシア・ワールドカップ出場権を予選首位通過で獲得した。
 “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年から、FIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めたが、契約満了に伴い、昨年からルールを改正。候補者は30名(旧制度では23名)で、最終候補者の発表は廃止され、受賞者、最終順位は年末に発表。投票はジャーナリストのみによって行われ、授賞式は2018年はじめに実施される予定。
via https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20171208/681097.html

DQdzbdrUMAEeTNM
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は8日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が2017年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2017の最終順位を併せて発表している。
▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーで5シーズンぶりのリーグ優勝や史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成。また、個人記録としても史上初のCL5年連続得点王を獲得した。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)、2017年に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年連続の受賞となり、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと最多5回で並んでいる。
▽また、その最多タイとなっているメッシは2位に選出された。メッシは、所属するバルセロナでコパ・デル・レイ3連覇を達成。また個人としてはリーガエスパニョーラで38得点を記録して得点王に。この数字で、C・ロナウドと並び最多4度目のヨーロッパ・ゴールデンシューにも輝いている。
▽3位に入ったのは、パリ・サンジェンルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール。ネイマールは、昨シーズンまでバルセロナに所属していたが、史上最高金額の2億2200万ユーロでPSGに移籍している。
▽そのほかでは、先月イタリア代表からの引退を発表したユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが、ゴールキーパーとして最上位の4位に入った。2016-17シーズンはCLで史上初の6試合連続無失点を達成。さらに、国内ではセリエAとコパ・イタリアのシーズン2冠を達成している。また、チームのリーグ・アン優勝に大きく貢献しCL準決勝進出の原動力となるなど、躍進モナコの象徴となった現・PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが7位にランクインした。
▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、昨年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止されている。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。
 via http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=296583

■2017年度バロンドール最終順位
第01位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
第02位 リオネル・メッシ(バルセロナ)
第03位 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
第04位 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
第05位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
第06位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
第07位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
第08位 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
第09位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
第10位 ハリー・ケイン(トッテナム)
第11位 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
第12位 イスコ(レアル・マドリード)
第13位 ルイス・スアレス(バルセロナ)
第14位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
第15位 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
第16位 マルセロ(レアル・マドリード)
第17位 トニ・クロース(レアル・マドリード)
第18位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
第19位 エデン・アザール(チェルシー)
第20位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
第21位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
第21位 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
第23位 サディオ・マネ(リヴァプール)
第24位 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
第25位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
第26位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)
第27位 マッツ・フンメルス(バイエルン)
第28位 エディン・ジェコ(ローマ)
第29位 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
第29位 ドリース・メルテンス(ナポリ)



関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| サッカー | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oimoko0114.blog.fc2.com/tb.php/1523-57da9abf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT