FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[訃報] 大杉漣さんが急死=66歳 急性心不全、名バイプレーヤーとして人気 はてなブックマーク - [訃報] 大杉漣さんが急死=66歳 急性心不全、名バイプレーヤーとして人気

20180221hochi211_0
 「ソナチネ」や「HANA―BI」など、北野武監督(71)の映画をはじめ、数多くの作品で存在感を示した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが21日、急死した。66歳。徳島県小松島市出身。
 所属事務所が「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と公式ホームページで発表。葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行うとし、「これまでお世話になりました共演者、スタッフならびに関係者、応援してくださったファンの皆様におかれましては、生前のご厚誼を深謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と記した。
 明治大を中退し、1974年転形劇場入団。80年に高橋伴明監督「緊縛いけにえ」で映画デビュー。84年以降舞台活動に専念するも88年の転形劇場解散によりフリーになり、90年から再び映画、テレビで活躍。93年に北野武監督の映画「ソナチネ」に出演し、注目を浴びた。
 以来、北野作品の常連で、98年同監督の「HANA―BI」と崔洋一監督の「犬、走る DOG RACE」で映画賞の助演男優賞を総なめに。その後も映画、ドラマで活躍。昨年1月には日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!18」のレギュラーとなり、同年8月24日に自身初のピタリ賞を出すと翌週9月7日放送分でもピタリ賞を出し、ゴチ史上初の2週連続ピタリ賞として話題になった。故郷をホームとするサッカーJ2リーグ・徳島ヴォルティスの熱狂的なサポーターとしても知られる。
via https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/21/kiji/20180221s00041000294000c.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180221/k10011337991000.html

・大杉漣:Wikipedia

・俳優・大杉漣さん死去‥突然の訃報に悲しみの声が広がっている
 https://matome.naver.jp/odai/2151921394601013601

・大杉漣さん語っていた名脇役の矜持「現場が僕の生きる場所」
俳優・大杉漣さんが2月21日、急性心不全で亡くなった。66歳だった。
名バイプレイヤーとして、数多くの作品で存在感を示してきた大杉さん。44年にわたる俳優人生の始まりは劇団「転形劇場」だった。
特殊なメソッドの舞台をやる劇団で、セリフなしに演じる<沈黙劇>は世間で高く評価されていた。
その後、Vシネマやピンク映画などへ活躍の場を広げていく。98年、北野監督『HANA-BI』、崔 洋一監督『犬、走る DOG RACE』で助演男優賞を受賞。一躍注目を集めた。
この会見で、記者から「これで下積みが終わりますね」と声をかけられたという大杉さん。このときのエピソードを、女性自身2014年6月17日号のインタビューで次のように語っていた。
「言わずにはいられなかった。『僕自身、今までやってきたことを、下積みと思ったことは一度もありません。僕は、そのときに、それがやりたかったんです。だから僕は、一生、下積みます!』って。その気持ちは、今でも変わりません。何が上で、何がしたという感覚が、僕にはないんです。脚本が面白いと思えば、どんな現場にも駆けつけたい。60歳を過ぎても、いい意味でのフットワークというか、さまよえる精神というものを、自分の中につねに持っていたい」
フットワーク軽く、硬軟さまざまな役を自在に演じ分けていた。大杉さんは<現場>に抱く思いをこう語っている。
「基本的に自分の考え方とか見方というものは、現場というフィルターを通すことによって感じたものの影響が大きかったと思います。そういう意味で、自分は<現場者>で、現場は僕がいちばんいたい場所ですし、さらに言えば『現場が僕の生きる場所』。その気持ちは今でも変わりません」
その言葉通り、亡くなった前日にもドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系)の撮影に臨んでいたという。
共演していた遠藤憲一(56)、田口トモロヲ(60)、松重豊(55)、光石研(56)の4人は以下のようにコメントを寄せている。
「最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください」
 via http://blogos.com/article/279276/

・大杉漣さんが語った「白黒はっきりできないから、それを追い求めている」
 https://thepage.jp/detail/20180222-00000004-wordleaf?pattern=2&utm_expid=90592221-90.2mIRjpFWR8CO6I2YipatcQ.2

・【追悼】名優・大杉漣さんが語ってくれた「深すぎるフットボール愛」
 http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=35945

・サッカーをこよなく愛した大杉漣さんの急逝…… 地元徳島が開幕節で記帳所設置
  https://www.theworldmagazine.jp/20180222/03domestic/197836

・大杉漣の妻、旅立ちを知った日の気持ちを明かす 「覚悟はできていました」
 https://grapee.jp/460409

・たけし、生放送で涙…大杉漣さん急逝後初めて口開く 監督作での名演語る
DWzdBFxVoAA4Cw1
 21日に急逝した大杉漣さんが出演した映画「ソナチネ」「HANA―BI」などでメガホンをとったビートたけし(北野武監督、71)が24日、TBS系「新・情報7days ニュースキャスター」(土曜・後10時)で大杉さんの他界後初めてコメントした。
 番組では、昨秋に放送された同局系「ぴったんこカン・カン」(金曜・後8時)で共演した時の映像が流れた。たけしが作詞・作曲した「浅草キッド」を大杉さんがギターで弾き、たけしが歌い上げた映像だった。

DWzZWhvVoAENoYm

VTRが終わり「寂しいですね」と問われると、たけしは目頭を押さえて「うん…」「あぁ…」と口にしてしばらく言葉を発せなかった。
 約25年前、「名優・大杉漣」の才能を見いだしたのは北野監督だった。
 舞台を中心に活躍していた大杉さんは、1993年の北野監督の映画「ソナチネ」で武演じる暴力団組長の部下「片桐」を演じて注目を集めた。オーディションはわずか2秒間。大杉さんは98年のスポーツ報知のインタビューで「ドアを開けるなり『どうぞお帰りください』って。監督はちらっと見ただけ。上野動物園のパンダじゃないんだから」と振り返っていた。
 たけしは当時のことについて「オーディションの時ね、遅れているんだよね。マネジャーか誰かに聞いたんだけれど『ソナチネ』映画で受からなかったら、実家で普通のサラリーマンになりますって最後のオーディションに来て遅れちゃうんだよね。俺が帰ろうとしたら(大杉さんが)来て、漣さんが『申し訳ありません! 遅れました』って言うから。感じがこの人を使うべきと思ったのか」と“出会い”を振り返った。

DWzc0aVVMAA1Wor

 当初は30秒の出番の予定だったが、アドリブをうまくこなして、台本を書き直すことになり重要な役どころに抜てきされた。
 98年の映画「HANA―BI」でもタッグを組んだ。大杉さんは、銃弾に倒れ、絵を描くことに生きがいを見いだそうとする元刑事役。セリフが極端に少ない難役を演じきった。同作でブルーリボン賞助演男優賞などを受賞するなど、その才能を世に広めた。
 大杉さんは昨年10月公開の映画「アウトレイジ最終章」まで、10作以上の北野作品に出演した。
 たけしは「最後のアウトレイジも出てもらっているんだよね。結末が申し訳ないけれど、漣さんが死ぬ役なんだよね。だから、なんかすごく変な言い方をすると、俺が生かして俺が殺したみたいな妙な気になって。悲しいけどね。申し訳ないなと思ってさ」と再び声を詰まらせた。
 たけしは急逝の一報を聞いた時、テレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」の収録を行っていた。
 当日のことについてたけしは「マネジャーが大杉漣さんがお亡くなりましたと言うのよ。お亡くなりになりましたはわかるのよ。死んだってことだよね。誰がって。俺、大杉漣さんをこれほど知っているのに、(頭が)真っ白で分からないのよ」と振り返り、大杉さんの名前を何度も出されても、理解できなかったという。「頭がパニクってきちゃって」「大杉漣さんが死んだってことが、頭で理解できていないんだよね。しばらくかかったね。気がつくまで。漣さん? あの漣さん?」とショックの大きさを口にしていた。
 via http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180224-OHT1T50201.html

・大杉漣と北野武、その幸せな「2、3秒」の出会いについて
 http://blogos.com/article/279882/

・「もうちょっと生きたい」‥大杉漣さんが生前語っていた思いが泣ける
 https://matome.naver.jp/odai/2152000445636074901

・「バイプレイヤーズ」最終回、大杉漣さんに感動の声続々
 https://matome.naver.jp/odai/2152045391080779801

DXsQaLvV4AA7QWj

DXsFLRPVQAEbmsZ.jpg_small

・「じゃあ、行きますかね」 最終回『バイプレイヤーズ』の恩返しに涙
  https://sirabee.com/2018/03/08/20161505856/

・#バイプレイヤーズ 最終回はオフショットと思われる映像も満載「漣さんありがとう」があふれてた「私の目が散水」    
 https://togetter.com/li/1206293

DXsDXMHVoAA2ZJP.jpg_small

・大杉漣さんの『直筆メッセージ』 長男の隼平さんが公開

関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

| 芸能 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oimoko0114.blog.fc2.com/tb.php/1552-1d61b658

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT