FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

潜伏キリシタン世界遺産に=長崎など、国内22件目-ユネスコが登録決定 はてなブックマーク - 潜伏キリシタン世界遺産に=長崎など、国内22件目-ユネスコが登録決定

 バーレーンの首都マナマで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は30日、日本が推薦していた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)を世界文化遺産に登録すると決定した。文化庁が同日発表した。
 国内の世界文化遺産は、昨年の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)に続き18件目。自然遺産を合わせると22件目。
 登録されるのは、キリスト教が禁じられた江戸~明治初期に、既存の社会、宗教と共生しながら信仰を守り続けた潜伏キリシタンの集落や、島原の乱の舞台となった原城跡(長崎県南島原市)、国宝の大浦天主堂(長崎市)など12件。

Print

 事前審査したユネスコの諮問機関は、「禁教期にもかかわらず、ひそかに信仰を継続した独特の文化的伝統の証拠だ」と評価。30日の審議でも、「ユニークで傑出した歴史を語る価値ある世界遺産だ」などと登録を支持する意見が各国から相次いだという。
 政府は当初、キリスト教伝来から弾圧を経て復活するまでの歴史的価値を伝える「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として、2015年に推薦書を提出。しかし、諮問機関から日本の特徴である禁教期に焦点を当てるべきだとの指摘を受け、いったん取り下げて構成資産を絞った上で、17年に再推薦していた。
 奄美・沖縄地方の4島(鹿児島、沖縄両県)も自然遺産に推薦していたが、5月に諮問機関から「登録延期」との勧告を受けて取り下げた。
 今年2月に文化遺産として推薦した「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)の審査は来年行われる。[2018.06.30]
via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018063000413&g=soc


Print

・曲折経て登録実現=苦難の歴史、後世に-潜伏キリシタン世界遺産
 世界文化遺産への登録が決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。厳しい弾圧に耐えながら2世紀以上にわたりひそかに信仰を守った「潜伏キリシタン」が育んだ独特の文化的伝統として高く評価された。悲願達成までの道のりには、推薦の先送りや取り下げなど紆余(うよ)曲折もあった。
 当初は、長崎県沿岸部や離島に散らばる教会を中心に、キリスト教の伝来から弾圧、復活までを伝える歴史的価値を強調。大浦天主堂で信徒が信仰を告白した「信徒発見」から150年となる2015年の登録を目指し、文化審議会で世界遺産への推薦候補に選ばれた。
 しかし、内閣官房が推す「明治日本の産業革命遺産」との競合となり、官房長官裁定で14年の推薦は見送りに。中村法道知事は「先行して手続きが進んでおり、高い評価も得ていた」と悔しさをにじませた。
 翌15年、晴れて推薦されたものの、事前審査をした諮問機関から禁教期に焦点を絞るよう指摘を受け、いったん推薦を取り下げた。推薦書作成を担当してきた県職員川口洋平さん(49)は「ショックだった」と振り返る。
 それでも、「受けた指摘は納得できる」と、内容の見直しに着手。教会周辺の禁教期の遺跡や、信仰の隠れみのとなった神社や寺なども含め、集落を中心とした構成に変えた。川口さんは「内面を隠し、仮面を着けて困難を乗り越えた人たちの歴史だ。宗教を超え、現代にも訴えるメッセージがあると思う」と強調する。
 構成資産の一つ「外海の出津集落」(長崎市)にある出津教会堂の教会守で、観光客らに歴史を紹介している高橋渉さん(75)は「禁教期を乗り越えた先祖が苦労して作った教会。そういう歴史を知って、見てもらいたい」と訴える。
 via https://www.jiji.com/jc/article?k=2018063000414&g=soc

・世界が祝福!長崎・天草の「潜伏キリシタンの文化」が世界遺産に登録
 https://matome.naver.jp/odai/2153039991441825801

関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| 歴史 | 04:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oimoko0114.blog.fc2.com/tb.php/1601-90b2136c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT