FC2ブログ

気になりィーモ!!

気になった記事や事柄を 自分のノート代わりとする場に していけたらと思ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全米OPテニス-錦織圭 準優勝、日本人初GS優勝はならず 「自分のテニスできなかった」 はてなブックマーク - 全米OPテニス-錦織圭 準優勝、日本人初GS優勝はならず 「自分のテニスできなかった」

PN2014090901001195.-.-.CI0003[1]

20140909-00000084-spnannex-000-8-view 507846471MH00122_2014_US_Op
 テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は8日、男子シングルス決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が第14シードのM・チリッチ(クロアチア)に3-6, 3-6, 3-6のストレートで敗れ、日本人初のグランドスラム優勝の歴史的快挙を逃した。また、錦織が優勝していた場合、大会後に発表される世界ランキングではアジア勢最高位となる5位に浮上していた。
両者は今回が8度目の対戦となり、錦織とチリッチの対戦成績は5勝3敗となった。
この試合、序盤から体がかたく見えた錦織は、今までなかったストロークのミスや、ファーストサービスの調子が上がらず、チリッチにその隙を狙われた。
徐々に調子を取り戻した錦織だったが、チリッチの強烈なサービスとストロークに圧倒され、1セットもチリッチから奪えずに敗れた。
錦織は今大会、1回戦でW・オディスニク(アメリカ)を下し、2回戦はP・アンドゥハル(スペイン)の途中棄権により3回戦へ駒を進め、3回戦は第23シードのL・マイェール(アルゼンチン)に勝利した。
4回戦では、第5シードのM・ラオニチ(カナダ)を下して清水善造(日本)以来の日本男子92年ぶり全米オープンベスト8進出という快挙を達成。
準々決勝では、今年の全豪覇者で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)を撃破して1918年の全米オープンで記録した熊谷一弥(日本)以来となる日本男子で96年ぶりの準決勝進出という記録をさらに打ち立てた。
ラオニチ戦、ワウリンカ戦共に4時間を超える大激闘の末に勝利をものにし、自身グランドスラム初のベスト4進出を決めた。
準決勝では、グランドスラムで7度の優勝を誇る世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3で破り、日本勢初となるグランドスラム決勝進出を決める歴史的快挙を達成した。
決勝では、チリッチに敗れて準優勝となるも、アジア男子勢初のグランドスラム準優勝を飾る活躍を見せた。
錦織が優勝していた場合、大会後に発表される世界ランキングでは5位に浮上していたが、今回は8位となった。
昨年は1回戦でD・エヴァンス(英国)に敗れて、1回戦で姿を消していた。2008年の全米オープン3回戦では、当時世界ランク4位のD・フェレール(スペイン)を破ってベスト16入りを果たしていたのが同大会での最高成績となっていたが、今回は準優勝とその記録を大きく上回る活躍を成し遂げた。
一方、グランドスラム初の優勝を果たしたチリッチは、今大会1回戦でM・バグダティス(キプロス)、2回戦はI・マルチェンコ(ウクライナ)、3回戦は第18シードのK・アンダーソン(南アフリカ)、4回戦は第26シードのG・シモン(フランス)、準々決勝では第6シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を破った。準決勝では、同大会5度の優勝を誇る元王者フェデラーをストレートで破っての勝ち上がりとなっていた。
錦織に勝利して優勝を飾ったチリッチは、大会後に発表される世界ランキングでは、前回から7つ上げて9位に浮上することが決まっている。
現在世界ランク16位のチリッチは、2013年5月のドイツでの大会中に受けた検査で、禁止されている興奮剤の反応が出てしまい、国際テニス連盟から9ヶ月の出場停止処分を下された。
しかしチリッチは、薬局で購入したブドウ糖のタブレットにその興奮剤が入っていただけで、故意に摂取したのではないと反ドーピング機構に訴え、4ヶ月へと処分が軽減された。そのため、昨年の同大会は欠場となっていた。
via http://news.tennis365.net/news/today/201409/101791.html

・決勝 試合結果 : http://www.usopen.org/en_US/scores/stats/day21/1701ms.html

・完敗に悔しさ…錦織「自分のテニスできなかった」それでも「次がある」
 http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/09/09/kiji/K20140909008899790.html

・感動をありがとう…錦織圭、初優勝逃すも日本人初の快挙に称賛の声が相次いでいる
 http://matome.naver.jp/odai/2141021496865060201

・世界を沸かせた錦織、夢は持ち越し… 決勝はストレート負けで悲願達成ならず
 http://spotlight-media.jp/article/58244789769183103

・松岡修造が錦織選手を熱血応援しすぎて大変な事になっていた!
 http://matome.naver.jp/odai/2141025230406763201

・データで見る錦織圭の強さ 日本人初のグランドスラム準優勝
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4244

◇力見せつけた錦織圭 マレーシアOP優勝!次に狙うは凱旋Vだ!
 http://matome.naver.jp/odai/2141192722483925901

◇錦織、初の2週連続ツアー制覇 楽天テニス2年ぶり2度目V

 男子テニスの楽天ジャパン・オープン最終日は5日、東京・有明コロシアムで行われ、シングルス決勝で世界ランキング7位の第4シード、錦織圭(日清食品)が同8位の第3シード、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に7―6、4―6、6―4で勝って2年ぶり2度目の優勝を果たし、優勝賞金29万6850ドル(約3265万円)を獲得した。
 錦織は前週のマレーシア・オープンに続くツアー今季4勝目、通算7勝目で、自身初の2週連続制覇を達成した。年間成績上位8人が進出するATPツアー・ファイナル(11月・ロンドン)のポイントランキングでは6位から5位に浮上した。 [2014.10.05]
via http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014100501001564.html


 ・http://news.tennis365.net/news/today/201410/102072.html


◇2014年錦織フィーバー総まとめ! 錦織圭・世界ランキング5位への軌跡
 http://matome.naver.jp/odai/2141648381441113801
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

| スポーツ | 03:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oimoko0114.blog.fc2.com/tb.php/598-765fb004

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT